ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

音楽

いろはもまだ勉強中 by DAOKO x 岡村靖幸「ステップアップLOVE」

3連休後半、あるフレーズがずっと脳内リピートしていた。 だからステップアップLOVE 絶対したい いろはもまだ勉強中*1 何のことか分からない方は、こちらのミュージックビデオを観てもらいたい。DAOKO × 岡村靖幸『ステップアップLOVE』MUSIC VIDEO DAOKO x…

「広い世界に出るといい いつでも待っているから」〜大野へかえろう

ジモコロで、郷土愛をつよく揺さぶる記事を読んだ。 (ライターは、@ciotan こと塩谷舞さん) 記事前半は軽いタッチで進んでいくのだが、福井県大野市に到着してからの街の人たちとの交流が素晴らしい。市役所広報の吉田さんとのやりとり、ポスター展に参加…

たくさん教えてくれた〜こやぶかずとよさんのプリン

小藪千豊(こやぶ・かずとよ)さんをご存知だろうか? 僕ら世代の関西出身者は、土曜に学校から帰って昼ごはんを食べた後、必ず観たであろう吉本新喜劇のテレビ放送。その吉本新喜劇の現座長のひとりで、東京進出の立役者が小籔さんだ。 小籔千豊 - Wikipedi…

結婚20周年【○○婚式】に聴く「そばにいたい」

「目を閉じてごらん 君は何が見える? 今日までの想い出? それとも未来?」 20周年は「なに婚式」!? つい先日、結婚20周年の記念日を迎えた。レストランを貸しきって、親戚・友人たちに証人になってもらって挙げた人前式。 あれからずいぶんたったような気…

「幸福」を耳にする喜び

喜びシリーズ? 第二弾。 1月末に Amazon から届いた1つの包み。 本が届くときより薄いその封筒から出てきたのは、待ち焦がれていたCDだった。 岡村靖幸「幸福」 1月26日に発売された「幸福」。前作からは11年ぶりとなるオリジナルアルバムだ。

28年前の冬、歌に救われた話

「やばい。どうしよう。浮かばない…」28年前の冬、頭のなかが真っ白になる経験をしたのを、今でもはっきりと覚えている。あれは、まだ「センター試験」になる前、「共通一次」と言われていた試験会場でのこと。 数学の試験が始まり、まず問題全体を確認。 選…

「よければ一緒に そのほうが楽しい」

ふとした偶然で出合った曲。 歌詞がとっても素敵で、タイトルのフレーズが強く印象に残った。 KAN 「よければ一緒に」 YouTube にフルバージョンのPVがアップロードされていたので、まずはこちらを…。 この曲は、2010年2月に発売された KAN の32枚目のシング…

ヴァイオリン&ギターの響き in クルミドコーヒー 〜星野沙織さんと橋本翔太さん

前回エントリで「気になる」と書いた、西国分寺のクルミドコーヒーを訪問してきた。 http://kurumed.jp/目的は2つあって、1つは クルミドコーヒーのお店そのものを体験すること。 そして、もうひとつが「音の葉コンサート 公開練習」を聴きにいくことだ。6…

ひさびさに弾いた CRAZY G (演奏解説動画&ウクレレ記法説明 付き)

土曜日の午後、作業の合間に「そういえば、最近さわっていないな…」とケースから取り出したのがこちら。 ハワイ・オアフ島のメーカ Kelii 製のパイナップル型ソプラノウクレレだ。*1 (サウンドホール内のラベルに、パイナップルの絵が!) 定番曲 CRAZY G …

息子と僕のMilk&Bitter / Goose house #goose7

(彼がMilkを、僕がBitterを) Goose house の新しいアルバムが、2月25日に2枚同時リリースされた。 その名も Milk と Bitter。パッケージも対照的な色使いで、2つ並べるとすごくきれい。Milk(初回生産限定盤)(DVD付)アーティスト: Goose house出版社/メーカ…

25年目の「星のラブレター」におめでとう&ありがとう

「今から25年前、どこで何をしていましたか?」 「当時のことで、今でも心に残っていることは何ですか?」 出逢いは学園祭 1989年、僕は大学2年生。通っていた学校の学園祭に、最近デビューしたバンドがやってくるという。あんまりよく知らなかったものの、…

Goose house に教わった吉田山田の「日々」に一耳惚れ

カバー曲というと、大ヒットした有名な曲を若手アーティストがずいぶん経ってから発売するもの、というイメージがあった。でも、最近の僕にとっては、「10代・20代にいま流行っている曲」を知るアンテナになっている。 先日、YouTube にアップされた Goose h…

人生を何ではかるか? 〜 Seasons of Love

最近、「おっ、いいな!」と思う CM に出逢った。 それは、サッカー日本代表 アルベルト・ザッケローニ監督が登場する、キリン FIRE の CM だ。 さりげない落ち着いた声で語られるナレーションは、こんな風に始まる*1。 もう一度人生をもらえるとしたら、 二…

「もっと自由に、純粋に」 〜Gooseと老子とスプツニ子!〜

暦の上ではディセンバー。そう、あっという間に師走である。 今週発表された流行語大賞のように、そろそろ1年間を振り返る記事が巷にながれだす季節。 僕も、その年に出逢った「言葉のごちそう」を毎年12月にまとめている(昨年のベスト3はこちら)のだが…

8人の吹奏楽部!?マルチな活躍で全国区へ!

今朝の新聞で、ふと目にとまった「島根県大田市立第三中学校」の文字。 妻の実家のそばなので、「おー、なんだろう」と読みはじめたところ、スゴイことが書いてあった。「神業」8人の吹奏楽部…楽器持ち替え演奏 島根の中学:朝日新聞デジタル たった8人の…

【妄想入り全曲紹介】Goose house 『Soundtrack?』は珠玉のフレーズ集

こんなにも誰かを好きになるなんて、何年ぶりだろう……? そんな風に思うほど、繰り返しくりかえし聴いているのが Goose house の 2nd フルAlbum『Soundtrack?』だ。 Goose houseとは Goose houseをご存じない方は、まず以下のエントリをどうぞ。 再生回数1…

再生回数1億超!? 息子に教えてもらった Goose house が凄い!

まずはこちらをご覧ください(笑)。 彩り/Mr.Children(Cover) 歌っているのは、Goose house というグループ。 8人のシンガーソングライターが集うユニットだ。 http://goosehouse.jp/ 普段はそれぞれ別々に活動しているメンバたちが、月に1回 Ustream …

ピアノソナタ8番「悲愴」第二楽章 &ビリー・ジョエル「This Night」

ここ最近、駅からの帰り道でよく聴く曲。 荒れた心をしずめ、落ち着いた気持ちにさせてくれる。 ピアノソナタ8番「悲愴」第二楽章 (演奏:エリック・ハイドシェック氏) 作曲家ベートーベンの作品のなかで「3大ピアノソナタの1つ」と言われている、この悲…

「うまれる」イベントで披露された素敵な3曲

8月16日、映画「うまれる」の第3回イベント「家族記念日」に参加してきた。 平日昼間のイベントだったけれど、ちょうど夏期休暇をとっている週だったので、前回イベントに引き続き妻を誘って二人で参加することができた(ツイてる!)。 今回のイベントでの…

102回の感謝に包まれて〜「ありがとうのうた」

いま、僕のiPodでヘビーローテーションしているCDがある。 オムニバスアルバム「ありがとうのうた」だ。 ありがとうのうた ありがとうのうたアーティスト: オムニバス,AI,浜田省吾,SunSet Swish,SOPHIA,大橋卓弥,井上陽水奥田民生,DREAMS COME TRUE,小田和正…

ジェイクさんのウクレレ演奏 in TEDxTokyo

前回エントリにひきつづき、音楽ネタで。 先週末の15日、TEDxTokyo というイベンがトお台場にある日本科学未来館でおこなわれた。 残念ながら僕はその場にはいなかったのだが、ほぼすべてのセッションをTEDxTokyoサイト&USTREAMでインターネット中継&録画…

♪べっぴんさんになれるんやで〜「トイレの神様」

ひょんなことから植村花菜さんの「トイレの神様」という曲を聴いた。 おばあちゃんとの思い出をうたったこの曲。 歌詞の世界観がとても優しく、素朴なメロディーも美しい。 トイレには それはそれはキレイな 女神様がいるんやでだから毎日 キレイにしたら 女…

この曲、なんというタイトルか知ってますか?

「あ〜、この曲よく耳にするね。 でも、なんてタイトルだっけ?」 最近、こんなことがよくある。 単に記憶が悪くなっているときもあるのだけど、そもそも曲名を知らずにこれまで過ごしてきたというケースもある。 僕にとって次の曲は、後者の1つだった。 き…

ズーラシアンブラス×大塚治之さん

朝日新聞の「ひと」欄。 普段は優勝したスポーツ選手や監督が写っているこのコーナーに、今朝はなにやら不思議なカブリモノの楽団が…。 取り上げられていたのは、動物ブラスバンド「ズーラシアンブラス」の仕掛け人・大塚治之(はるゆき)さん。ズーラシアン…

「苦くて甘い今」と「くたばる喜び」

昨年の大晦日の話。 めずらしく年賀状も早く書き上げていたので(笑)、家族揃ってゆったりとNHK紅白歌合戦をみていた。もともと歌謡曲が嫌いではない僕だが、最近はテレビの歌番組もあまりみないため新しい曲はよく知らない。そんなわけで、息子(11歳)から…

増田太郎さんの講演ライブ

昨日、地元の公会堂で初体験したのが、増田太郎さんの「講演ライブ」。バイオリンを弾きながら歌うその姿はとてもイキイキと嬉しそうだし、自らの経験をベースにしたトークは、明るくてまっすぐで時に深く考えさせられる。1時間20分のステージがあっとい…

波動スピーカーに魅せられて…購入!

少し前から気になっていた波動スピーカー。 先日、エムズシステムの視聴コーナーで手持ちのCDを1時間ほど聴かせてもらい、その音の世界にひかれてあっさりと買ってしまった(笑)。 我が家で購入したのは「MS0801 ブラウン」というモデル。基本モデル(MS10…

人は感動がないと生きていけない動物

阪神タイガース 藤川球児投手が好きだ。 緊迫した試合の最後に登場し、力をこめたストレートで打者を抑えきり、投げ終わった後は冷静な物腰にもどる。そんな姿は(僕が阪神ファンであることを差し引いても)素直にカッコイイなと思える。北京オリンピックで…

波動スピーカーの響き

最近、とっても気になるもの。 それが、エムズシステムの波動スピーカー。 http://www.hado-speaker.jp/ オーディオマニアでもない我が家だが、「購入者の声」を読んで真剣に購入を検討中。 Next Action 視聴ルームに行って、響きを体感してくる! →視聴の結…

ビン笛合奏団Laマーズに一耳ぼれ!

昨日の「王様のブランチ」で演奏を聴いてから、気になって気になって仕方がない(笑) http://la-mars.com/ 空き瓶を吹いて音を出し、曲を演奏しちゃおうという発想もユニークだけど、その「技」を磨いて芸術の域まで突き詰めちゃう姿勢がすごい! ぜひ生で…