ヒト感!!

人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバ、広めたい

「Quora 1000日チャレンジ」239日目 状況報告(2020年3月)

f:id:hito-kan:20200322195749p:plain

Q&Aサイト ”Quora” をご存知だろうか?

Quora

Quoraは、Facebook 初代CTOだったアダム・ディアンジェロ氏が創業者 兼 CEOを務める会社である。また、「世界中の知識を共有し、広め深めること」をミッションとする同社が運営する知識共有Q&Aサイト名でもある。

Quora英語版サイトは2010年6月にリリースされ、もうすぐ10周年。日本語版のリリースは 2017年11月なので約2年半前、意外に最近なのである。

www.quora.com


日本で Q&Aサイトというと、広範なジャンルを対象とした Yahoo!知恵袋 や OKWave、人力検索はてな 等がある。また、IT系に特化したサイトなら、Stack Overflow や Qiita なども。*1

上記サイトに比べて Quora はかなり後発だが、他サイトと違って「実名制」という特徴があり、ユニークな発展をしている感じ。

Q&A に加えて「スペース」というテーマコミュニティができてから、利用者の滞在時間が長くなった気がする。

Quora 1000日チャレンジ

さて、そんな Quora 上で昨年7月に回答数が累積100件を超えた。それを機に始めたのが、「1000日チャレンジ」という活動だ。

【宣言!】Quora回答 1,000日チャレンジ - Q&Aコミュニティ考 - Quora


本日現在、239日が経過。1000日のうち約4分の1が過ぎた段階で、どんな状態にあるのかを記録しておきたい。

回答数

  • 総回答数 362件

チャレンジ開始当初、僕が実施した回答は 104件だったので、その後 258件投稿してきたことになる。

1日あたり約 1.08件。まれに投稿しない日もあったものの、概ね毎日1件のペースで回答できたし。

閲覧数、高評価数、シェア数

1枚目は直近1年、2枚目は全期間を示したグラフ。

f:id:hito-kan:20200322205446p:plainf:id:hito-kan:20200322205501p:plain

チャレンジ開始の2019年7月後半以降、閲覧数の平均値が高くなっているのが分かる。コンスタントな投稿によって見られる回数が増え、高評価やシェアも増えてきたようだ。

なお、過去の回答も時々思い出したようにアクセスが伸びることがある。定期的な投稿によって光が当たるのだろう。

まとめ

古くて新しいサービス「Q&Aコミュニティ」。質問をトリガとして誰かの知識や知恵を引っ張り出す形態は、AI全盛の今でもまだまだ可能性があると考えている。

なにより、Quora上のやりとりは知的好奇心が刺激されて楽しいのだ。

今後も、1000日目に向けてコツコツと回答を続けていきたい。*2

*1:2000年頃には Ksquare や chienowa というサイトも存在していたのだが、今回は省略。また別の機会に…

*2:次の報告は400日目あたりの予定です

2019振り返り:「言葉のごちそう」ベスト3

1年間に出逢った素敵な言葉(=言葉のごちそう)を振り返る」エントリ、2019年版です。

(参考)これまでの「言葉のごちそう」ベスト3

 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年
 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年
 2008年

2019年「言葉のごちそう」ベスト3

f:id:hito-kan:20200104132439p:plain

以下で、1つずつ紹介すると…

続きを読む

200人超でのワールド・カフェ「変化の種を探せ!」

f:id:hito-kan:20191019233207j:plain

先日、総会プログラムの1つとして、職場200人超でのワールド・カフェを開催した。

複数ロケーションから1つの会場に集まる貴重な機会を活かし、「ただ座って話を聴くだけじゃなく対話したい!」という想いで、1時間強のワールド・カフェを組み込んだところ、非常に好評だった。3ラウンド目もあえて他テーブルへ移動したのがよかったみたい。

社内壁新聞にも取り上げてもらい、部内メンバの笑顔満載写真が貼られたのも嬉しいご褒美!

変化の種を探せ

今回のワールド・カフェでは「変化の種は、自分たちの中にある」という仮説のもと、「自チームで実践しているオススメ施策や Tips」「他チームの気になる取り組み」「なぜか効果をあげている習慣・ルーチン」を紹介しあう時間とした。

最後には、「効果がありそうな取り組み」や「最初の一歩として何をする?」を考えてワークシートに記入してもらったのだが、さてみなの頭には何が残っただろうか?


昨年もほぼ同じ規模でワールドカフェを開催している。当時は部署が統合した直後だったため、とにかく「人を知る」ために話をすることが目的だった。今回は、もう少し深く各自の仕事内容にも入れたんじゃないかな。

みなの心のなかで新しい何かが発見できたこと、今回の対話でつながりが太くなったことを願ってます!

関連情報

ワールドカフェ記録

続きを読む

ソフトフォーカス&グラデーション! スタディサプリLIBRARYが提供する知の「入り口」が凄い。

GW期間中に、Business Insider の読書に関する興味深い記事を読んだ。初出は昨年3月末だけれど、僕が知ったのは尾原和啓さんのツイートがきっかけ。


スタディサプリLIBRARY

上の記事で紹介されている「スタディサプリLIBRARY」が、とにかく素晴らしい。

f:id:hito-kan:20190505151029p:plain
スタディサプリLIBRARY トップ画面

スタディサプリ・ライブラリーは、未来の「好き」に出会う図書館です。「何が好きか」はまだわからなくて大丈夫。まずは、5つの扉を開けてみましょう。

5パート、27テーマ、187インデックス、1144冊?

扉とは「自然と人間のサイエンス」「社会と情報のテクノロジー」「宗教と文明のヒストリー」「言葉と哲学のメソッド」「遊びと創造のアート」と題した5つのパートのことで、この中に合計27のテーマが用意されている。


各テーマには、さらにいくつかのインデックスがあり、その入り口として紹介されているのが3冊の本。

例えば、「社会と情報のテクノロジー」内のテーマ「居場所をつくる仕事」のインデックス「コミュニティデザインのススメ」は、こんな感じ。

続きを読む

GWも混雑知らず!? 天王洲エリアの散歩でアートに触れる

f:id:hito-kan:20190429160108j:plain
天王洲運河を臨むレストラン T.Y.HARBOR

きっかけは少し前に観たカンブリア宮殿だった。

この日のゲストは寺田倉庫CEO 中野善壽(よしひさ)さん。倉庫事業のイメージを一新するワインや美術品の預かりサービス、消費者向け少額預かりサービス "minikura"、作品キャンバスとして巨大倉庫の壁を芸術家に貸す などなど、刺激的な放送内容だった。

実は、寺田倉庫のある天王洲エリアは、職場からも歩いていけるほどの距離。天王洲運河沿いのあのエリアには何度か行ったこともあり、放送で紹介されていた PIGMENT などの新たな施設も面白そう。


そんなわけで、GW 10連休の混雑を避け、品川から天王洲までの散歩を妻と一緒に楽しんできた。

天王洲運河エリアのアート散歩

天王洲エリアMAP

天王洲アイル地域情報サイトの提供しているマップ。サイトにはショップガイドやイベントニュースも掲載あり。

www.e-tennoz.com

続きを読む