読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

「このブログについて」(about)を更新しました

利用している「はてなブログ」の仕様がいつのまにか変わり、about ページの内容を自由に記述できるようになっていた。


というわけで、当ブログの説明書きも記述を追加したので、記録のため投稿しておきます。

もともとは「人は感情の生き物だ!!」というフレーズのポジティブ面をとらえ、感情にどのように訴えかければ人生が楽しくなるか、を研究する目的でブログを始めました。

いまは一歩進んで、「人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!」という想いをこめて日常にあることがらを発信しています。
 

このブログについて - ヒト感!!

「コミュニティ×ストレングス」が働き方を変える! ~『ぼくらの仮説が世界をつくる』を読んで湧き上がった仮説。

2017年 最初の一冊として、佐渡島庸平さんの『ぼくらの仮説が世界をつくる』を読んだ。

20170109054103

コミュニティプロデューサーを育成するコルクラボ

『ぼくらの仮説が世界をつくる』は、昨年 雑誌「編集会議」で何人もの方が推薦していたのをきっかけに購入したもの。年末に「コルクラボ」立ち上げの記事を読み、あらためて手にとった。


佐渡島さんが代表をつとめる株式会社コルクは、漫画家や小説家などクリエイターのエージェンシー。記事には、これからの編集者を「コミュニティプロデューサー」として育成していくと書かれている。

これからの時代、作家と共に作品を作る人は、編集者ではなく、コミュニティプロデューサーと呼ばれるような職種になる
ラボに参加する人達と僕も一緒に学ぶことで、コミュニティプロデューサーというものを定義していく。


2015年12月出版のためか、まだ「コミュニティプロデューサー」という用語こそ本書内には出てこないが、なぜコミュニティを重要だと考えるのか、今後どう向き合っていくかについてはこの時点でたっぷり語られている。


コミュニティマネジメントをテーマに掲げる僕にとって、たくさん線を引き、書き込みしながら 2017年初の読書体験を楽しむことができた(感謝!)。


… と同時に、ここ最近もやもや考えていたことも「仮説」という形でまとまったのであわせて記録(宣言?)しておきたい。

書籍『ぼくらの仮説が世界をつくる』

まず、本書内の「コミュニティ」に関わる記述で気になった箇所を挙げていこう。

作家の頭の中をパブリッシュする

佐渡島さんの証明したい「仮説」は、こちら。

続きを読む

2016振り返り:「言葉のごちそう」ベスト3

大晦日の恒例、「1年間に出逢った素敵な言葉(=言葉のごちそう)を振り返る」エントリも、今回で9回目となりました。

(参考)昨年までの「言葉のごちそう」ベスト3

 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年

2016年「言葉のごちそう」ベスト3

それでは、2016年の「言葉のごちそう」のなかから、特に印象に残った3つをいってみましょう。

20161231200433
(写真は、2016年のinstagram投稿からピックアップ)

分からないことが増える喜び

3月4日のエントリで紹介した「名前の無い展覧会 Anonymous Exhibition」という動画。

作品に、ふだん書かれている作者の名前がない。
そんな状態で、自分の子どもの作品がわかるか…。

あなたは、わかる自信がありますか?

続きを読む

【御礼&報告】読書会「よみかい in 未来食堂」ができるまで。そして「ほしい未来」へ。

偶然が偶然を呼び、思ってもみなかった結果を引き起こす。
この1ヶ月で、そんな貴重な体験をすることができた。
f:id:hito-kan:20161226065542j:plain

満員御礼! 読書会「よみかいin未来食堂」

12月17日開催の「よみかい in 未来食堂」は、おかげさまで【壱】【弐】の両読書会とも当初定員(12名)を超える会となった。

  • 【壱】『ただめしを­食べさせる食堂が今日も黒字の理由』読書­会
  • 【弐】「コミュマネ本­」プレゼン&プレゼント大会

まずは、参加していただいた20名の方々(うち8名が壱&弐にフル参加)、長時間にわたって会場を貸切提供してくださった未来食堂 店主 小林せかいさんへ御礼を申し上げたい。本当にありがとうございました!

企画メンバによるイベント開催レポート

イベント模様については、一緒に企画した仲間が詳細なレポートを書いてくれたので、まずはそちらをご覧あれ!

続きを読む

【よみかい in 未来食堂】語りたいのは ただめし本? コミュマネ本?

先日、嬉しい知らせが届いた。

未来食堂 店主・小林せかいさんが、日経WOMAN ウーマン・オブ・ザ・イヤー〈食ビジネス革新賞〉を受賞したのだ。


オンライン読書会で『未来食堂ができるまで』をとりあげたご縁で、お店にも3回ほど足を運び、オンラインでも何度もやりとりさせてもらっていただけにとても嬉しい。

なお、受賞式でのせかいさんのスピーチが全文公開されている。驕らず、謙虚で、力強い! 男女を問わず「何かを始めたい」と考えている全ての人におすすめ(特に最後の一文にはしびれます)。未読の方はぜひ!


そんな、今話題の未来食堂を貸切りさせてもらい、12月17日(土)に読書会を開催することになった。
題して「よみかい in 未来食堂」*1

20161209071644
(小林せかいさんの新刊。イラストは未来食堂での購入特典!)

読書会「よみかい in 未来食堂」

今回の読書会「よみかい in 未来食堂」は、2部構成で実施する。
CMC読書会こすぎナイトキャンパスの共催でお届け)

  • 【壱】『ただめしを­食べさせる食堂が今日も黒字の理由』読書­会
  • 【弐】「コミュニテ­ィ運営本」プレゼン&プレゼント大会

名前が長いので、「ただめし本」と「コミュマネ本」の読書会だと呼んでもらえばOK(笑)。

それぞれの概要は以下のとおりなので、「面白そう!」と思った方はリンク先(meetup)からご登録を。

「ただめし本」読書会

*1:未来食堂の「あつらえ」「まかない」「ただめし」「さしいれ」にあやかった、ひらがな4文字の企画名です

続きを読む