ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

SNSには、互いに黙って囲めるテーブルがない!? 〜『情報の「捨て方」』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

BS日テレの「久米書店」、9月20日放送回を観た。


この日のゲストは成毛眞さんで、新刊『情報の「捨て方」』について久米宏さん・壇蜜さんと3人で語り合っていた。

本書のなかで、久米宏さんが気になったフレーズが、「沈黙」と「SNS」について書かれた次の部分。

互いに黙っているというのは、直接会って同じテーブルを囲んでいるからこそできることです。
 (略)
SNSには、互いに黙って囲めるテーブルがないのです。
(p.147-148)


僕も、ここが妙にひっかかかった。


言われてみれば、たしかに SNS には喋っている人はいるけれど、喋っていない人はその存在が見えづらい。

みなが寝静まって沈黙がおとずれる瞬間はあるかもしれない(つながっている人数がそれなりに多いと、その瞬間すらない)けど、互いに黙っている相手の存在を意識する状態はないな、と。


沈黙にも色んな種類がある。
気まずさ、安心感、焦り、連帯意識、哀しみ etc.


リアルな「場」には、こういう感情や波長を伝え合える力があるんだな。
そんなことをあらためて考えた。