ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年のプロ野球パリーグのクライマックス・シリーズ。楽天は日本ハムに敗れ、日本シリーズへの挑戦権を獲得できなかった。


このシーズンを最後に球団を去ることが決まっていた野村克也監督は、ファンへの挨拶の後、グラウンドで両軍の選手やコーチから5回も胴上げされた。

胴上げされる野村監督
(写真:日本経済新聞:球団創設9年目の初栄冠 写真で振り返る楽天Vより)


敗軍の将が胴上されることはめずらしいが、日本ハムには以前の教え子である吉井コーチや稲葉選手もいて、この感動的な胴上げシーンにつながったようだ。試合後のインタビューでこの時のことを聞かれ、野村さんが答えていた言葉がとても印象的だった。

人間何を残すか。人を残すのが一番。少しは野球界に貢献できたかな。


野村さんは、それ以前にも著書の中で「財を残すは下、事業を残すは中、人を残すを上とす」と書いていた。以前から、この言葉の出典が何かが気になっていたところ、月刊「理念と経営」5月号の田舞徳太郎さん連載記事に、おもいがけずこんな記述をみつけた。

財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり。されど、財なさずんば事業保ち難く、事業なくんば人育ち難し」
中国唐代の大詩人・白楽天(はくらくてん)の、四十三代目にあたる白彦基(はくひこき)先生が、富山県高岡市在住の四津井清一氏に贈られた言葉です。この名訓を肝に銘じて、安易な世相に流されてはいけません。


ネットで調べても白彦基さんについては見つけられなかったのだが、この出典情報は記録しておきたい。


僕自身、まだ財も仕事も十分には遺せてはいないが、「人を遺す」ことについては仕事でも家庭でも地域でも今が一番のチャンスにいるように思う。いま以上に意識的でいよう。


「理念と経営」 中小企業を活性化する経営誌
screenshot

追記

前段の一文については、後藤新平さんの最後の言葉という説もあるようだ。


後藤新平 - Wikipedia

後藤が倒れる日に三島に残した言葉は「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」であったという。