ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

藤原銀次郎の愉快に働く法十ヵ条

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝の朝日新聞「be on Saturday」にて、藤原銀次郎さんという人のことを知った。(連載「磯田道史のこの人、その言葉」より)


藤原さんは、明治2年生まれの実業家で王子製紙の社長をつとめ、「製紙王」と呼ばれた方。後に、政治家として貴族院議員、大臣を歴任したり、横浜に藤原工業大学(現在の慶応義塾大学工学部)を設立したりと、幅広いジャンルで活躍したのだそうだ。


その藤原さんがのこした言葉に、「愉快に働く法十ヵ条」というものがある。


  • 一、仕事をかならず自分のものにせよ
  • 二、仕事を自分の学問にせよ
  • 三、仕事を自分の趣味にせよ
  • 四、卒業証書は無きものと思え
  • 五、月給の額を忘れよ
  • 六、仕事に使われても人には使われるな
  • 七、ときどきかならず大息を抜け
  • 八、先輩の言行を学べ
  • 九、新しい発明発見に努めよ
  • 十、仕事の報酬は仕事である

愉快に働く法十ヵ条 - *ListFreak

骨のある、それでいて、自分に対して非常に厳しい言葉だと思う。


日々の仕事への取り組みをふりかえってみて、どうだろうか。
正直なところ、僕は「むぐぐ…」と痛い気持ちにさせられた。


この十ヵ条に対して正面きって「Yes」と言えるように働いていきたいもの。

参考情報