ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

ヒトは左に回りたがる生き物だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞 日曜版(be on Sunday)にて気になる記事を発見。

幼稚園の運動会からオリンピックまで、陸上競技のトラックは左回りだ。どうして?

うん、たしかに不思議。


今朝検索したところ、ネット上に記事全文が載っていた。
http://www.be.asahi.com/be_s/20061029/20061024TSUN0002A.html


検証してみたらしい。

手には右利きも左利きもいる。左回りは、どちらかに有利なのではないか。福岡大陸上競技部の協力で実験した。


1〜3年の男子学生10人が、カーブを含んだ100メートルコースを左回りと右回り各1回ずつ全力で走り、タイムと歩数を比べた。


10人の平均タイムは左回り11秒89、右回り11秒87。歩数も約0.1歩だけ左回りが多いだけで、いずれも誤差の範囲にすぎなかった。利き手やジャンプの踏み切り足の左右で分けて出した平均値も目立った差はなかった。

タイムや歩数をみると右回りの方が若干よいのだが、当の選手たちは「左回り」の方がよい印象をもったのだとか。やはり走り慣れた方が自然な感じがするのだろう。


こんなふうにルールとして決まっているものにも厳密なる理由がないものもある。


そんなルールに素直に従い平凡なタイムにおわるのか、「逆回りもありだよな」と試してみるのかは、・・・ 自由だ〜!(笑)

関連(?)記事