読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

人間とは、他人から認められよう、褒められよう、評価されようとする動物なのかもしれません

このエントリーをはてなブックマークに追加

japantnさんのメルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』 」の2006/07/25号にて見つけた言葉。
http://blog.mag2.com/m/log/0000094236/107514064.html


斎藤 一人さんの『地球が天国になる話』から、次の言葉が紹介されていた。

劣等感のある人は、人に認められようと努力をいっぱいするけど、よしな。
あなたのことは神様が認めているんだから。神が認めているからあなたを地球に生ませたの。(p61)

この言葉について japantnさんのつけたコメントがこちら。

●人間とは、他人から認められよう、褒められよう、
 評価されようとする動物なのかもしれません。


●ただ、そうした人間の本能ともいうべき
 他人の評価という呪縛を一歩克服して、
 自分が楽しい、自分がやりたいことを行えるようになれば、
 そこにまた一歩、人間として進歩したことになるのでしょう。

他人からの目を克服して、自分がやりたいことをやる。


そのためのキーワードは「劣等感に気づく」こと。
そして、劣等感の代わりに「他人への感謝」や「自らのいまの幸せ」を感じること。


そんな風に人生を送っていきたいもの。


地球が天国になる話 [CD2枚付]

地球が天国になる話 [CD2枚付]