ヒト感!!

感情、コミュニティをテーマに、人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバをご紹介

「六方礼拝(ろっぽうらいはい)」と「今この瞬間!」

いろいろあってモヤモヤしていた時、傍らにあった致知2015年3月号をふと手に取った。

そこで目に止まったのが、アルボムッレ・スマナサーラ長老*1の記事。

お釈迦様が人々に生きる道を説かれる時は、常に言葉の定義を明確にされました。そして仏教的な成功というのは、どんな側面から人生を考えても問題がなく、安全なものです。


記事では、その後「六方礼拝(ろっぽうらいはい)」という言葉が紹介されていた。

お釈迦様が、両親を亡くしたシガーラという青年に、正しい六方礼拝の方法を説いた『シガーラ教誡経』という経典があります。


「六方」とは、東南西北下上の方角のこと。それぞれ、両親、先生方、家族、友人、雇い人、出家者を意味しており、人生における人間関係のすべてを指す。六方礼拝とはそれぞれに対するお勤めを指したもの、なのだとか。


※シガーラ教誡経、六方礼拝については、こちらの本に詳細が…*2

成功する生き方  「シガーラ教誡経」の実践 (角川文庫)

成功する生き方 「シガーラ教誡経」の実践 (角川文庫)

  • 作者: アルボムッレ・スマナサーラ
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る


で、スマナサーラ長老について気になって検索してみると、2012年の TEDxSeedsでのトークが見つかった。


破る | Ven. Alubomulle Sumanasara [アルボムッレ・スマナサーラ] | TEDxSeeds 2012 - YouTube


流暢な日本語(関西弁?)で、「自分探し」の無意味さを説き、会場の笑いを誘う。
その一方、後半には何度もなんども「今この瞬間を生きて!」というメッセージを主張されていた。

強く心に響く言葉、出逢いに感謝!

関連リンク


幸福な人生を歩むには|致知出版社編集部ブログにて、上記記事の後半部分が紹介されています。


アルボムッレ・スマナサーラ - Wikipedia
(すごい数の著作!)


アルボムッレ・スマナサーラ長老 - 日本テーラワーダ仏教協会
(プロフィールの他に、法話の音源あり)

*1:Alubomulle Sumanasara。スリランカ上座仏教(テーラワード仏教)長老。1945年生まれ。1980年に国費留学生として来日されている

*2:本の内容については、こちらのブログに詳しく解説されています

息子と僕のMilk&Bitter #goose7

f:id:hito-kan:20150228211529j:plain:w400
(彼がMilkを、僕がBitterを)


Goose house の新しいアルバムが、2月25日に2枚同時リリースされた。
その名も Milk と Bitter。

パッケージも対照的な色使いで、2つ並べるとすごくきれい。

Milk(初回生産限定盤)(DVD付)

Milk(初回生産限定盤)(DVD付)

Bitter

Bitter


我が家では、息子と僕が Goose ファンなので、それぞれ1枚ずつ買うことした。
「どっちを買う?」と聞くと、"Milk" と答える彼。僕は "Bitter" が気になっていたので、都合がいい(笑)。
(冒頭の写真は、それぞれが購入してきたものを並べて撮ったもの)


聴きこむのはこれからだけど、僕は Milk の「恋するMerry-Go-Round」と Bitterの「ハルノヒ」が今のところのお気に入り。彼は何が好きなんだろ?


いずれにせよ、親子で同じアーティストが好きっていうのはいいもんだなぁ、と実感した週末のひととき。

メンバーのメンバーによる「Milk」&「Bitter」

ナタリーで公開された、3ページに渡るメンバーへのインタビュー。

誰が歌うか、曲順をどうするかなど、制作時の舞台裏話が語られていて、聴く楽しみがさらに増えるはず。

Goose house 関連エントリ


再生回数1億超!? 息子に教えてもらった Goose house が凄い! - ヒト感!!


【妄想入り全曲紹介】Goosehouse『Soundtrack?』は珠玉のフレーズ集 - ヒト感!!


「もっと自由に、純粋に」 〜Gooseと老子とスプツニ子!〜 - ヒト感!!


Goose house に教わった吉田山田の「日々」に一耳惚れ - ヒト感!!

ICHIROYAさんからのメッセージ~『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』を読んで

友人のFacebook投稿で知ってから読むようになった「ICHIROYAのブログ」。
アンティーク着物のオンライン販売サイト ICHIROYA の店主、和田一郎さん(id:yumejitsugen1)が書いておられる*1。取り上げるテーマと小気味いい文章スタイルが好きで、今ではちょっとした“追っかけ”状態だ(笑)。


そんな和田さんが、初の著書『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』を出版されると知り、すぐさま予約。この週末に一気に読んだ。

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと


この本は、2013年11月に書かれた以下のブログ上の文章がもとになったもの。


僕が19年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと - ICHIROYAのブログ


はてなブックマーク1,600件を超えたこの人気エントリを下地としつつ、再構成&大幅加筆されて作られたのが、今回の著書なのだとか*2


タイトルにもなっている「12の後悔」はこうだ。

僕の後悔1●入社初日から社長を目指して全力疾走すればよかった
僕の後悔2●会社のカラーに染まりたくないなんて思わなければよかった
僕の後悔3●あんな風になりたいという上司をもっと早く見つければよかった
僕の後悔4●社内の人間関係にもっと関心を持てばよかった
僕の後悔5●思い上がらなければよかった
僕の後悔6●できない上司や嫌いな上司に優しくすればよかった
僕の後悔7●もっと勉強すればよかった
僕の後悔8●ゴルフを始めワインをたしなめばよかった
僕の後悔9●信念なんてゴミ箱に捨てればよかった
僕の後悔10●クリエイティブであるよりもリアリストであればよかった
僕の後悔11●周りの評価のために長時間働かなければよかった
僕の後悔12●同期が先に昇進したことを笑ってやり過ごせばよかった


このなかで、僕が一番心に響いたのは「僕の後悔9●信念なんてゴミ箱に捨てればよかった」の部分。


例えばこんな記述がある。

会社というゲームを全力で戦い、勝ち抜く覚悟でいるのなら、僕のように「信念」に凝り固まり、「頑固である」と言われないように振る舞わなければならない。(p.147)

もう一箇所、こんな記述も。

成功体験という旗を降ろして、後ろ指を指されることさえ甘受しなければならない時もあるはずだ。そこで、あくまでも前を向き、耐えることができる人は、おそらく曲げない信念を持つ人以上に強く生き、大きなことを達成できるかもしれないのだ。(p.147-148)

どう受け取るかは、読む人によってさまざまだが、僕の心にうかんだのは「本当にそうか?」という問いかけだった。


そして、終章の「そしていま」の中には、こんなフレーズが登場する。

職業人は、社会に出てから二度死ぬのだと。(略)
今回、僕が書いた体験は、一度の死と再生の物語、そして二度目の死の物語だ。
(略)もし、この本が多くの人々の共感を得られたなら、二度目の再生の物語を書きたいと思っている。(p.188-189)


この本は20代~40代の「僕のような人」(by 和田さん)のために書かれたそうだ。
いまの会社の中でもがいている多くの人(僕もその一人)に、ヒントになるメッセージがたくさん詰まっている。


だからこそ、ぜひ多くの人に読んでもらいたい。
そして、和田一郎さんの2冊目の本が読みたいな、と心から思っている。

読書メモ

*1:いま気づいたが、英語サイト ichiroya.com の「Kimono Flea Market」コーナーにある写真は 京都・東寺の"弘法さん"じゃないか。 実家から徒歩5分の懐かしい風景!

*2:出版までのいきさつは、こちらのエントリに詳しく書かれています→2月17日に本が出ます ~ 夢の実現には苦い味がする - ICHIROYAのブログ

説明力と人生学

3月22日、友人ふたりがタッグを組んだイベントが開催される。
f:id:hito-kan:20150221162511j:plain:w400


<伝える勇気と伝える技術>―人生学講座と説明力養成講座のコラボ講座―
https://www.facebook.com/events/775235882561950


キーワードは「伝える勇気」と「伝える技術」。

伝える勇気を持つと、相手に振り回されなくなり、しかも、本音で対話が出来るようになります。
伝える技術を持つと、怒られなくなり、「わかりづらい」と言われなくなります。


講座は前半・後半として、連続して2つが行われるのだとか。
(どちらか一方だけの受講も可、とのこと)

説明力養成入門講座

こちらの講師は、一般社団法人 教育コミュニケーション協会 認定メディエーター 立山賢太郎さん。


立山さんは、教育に並々ならぬ意欲をもって活動されているのだが、それでいて物腰柔らかく、いつも素敵な笑顔で話をしてくれる。イケてる兄貴的な存在だ。

■講座の申込み&詳細:

心が軽くなる人生学

こちらは、一般社団法人 人間塾認定講師 篠崎龍治さんの講座。


篠崎さんとは直接しゃべるようになってまだ数ヶ月。それなのに、かなーり深い話を共有させてもらった間柄。彼と話すと安心できるし、なにより自分の存在を全肯定されて勇気をもらえるのだ。

■講座の申込み&詳細:


実は、ふたりとも読書会「人間塾」で知り合ったお方。
タイプは違うけど、ともに強い熱を胸に秘めて活動されており、語りも熱い!(笑)。


立山さん、篠崎さんのコラボ講座なら、参加した人の胸中にあるナニカを揺さぶってくれるにちがいない。
盛会になることを楽しみにしつつ、応援しています!

関連エントリ



『やりきる技術』を再読して決めた、3つのやめること

小倉広さんの『やりきる技術』を3年ぶりに再読した。

やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん

やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん

本書は、「始まる」「続ける」「やり直す」の3ステップで“やりきる技術”を身につけていこう、というもの。

Chapter3「続ける技術」の中にこんなフレーズがある。

もっと朝の時間の使い方に慎重になってほしい。そして「聖域」をムダに使うことに対して神経質になり、過敏になってほしい。(略)朝を制する者が仕事を制す。その気構えで、ムダを徹底的に排除してほしい。そうすれば、これまで「続ける」ことが困難だった大切な「緊急ではない重要事項」が前に進み、そして、それにつれてますます仕事や人生が充実してくることだろう。(p.113)


朝の聖域を守るのがよいことだ、ということは頭では「分かっている」つもりだった。けれど、最近まったくもって実践できいないと思い知らせられたので、この機に「やめること」を3つ決めた。
心に決めただけではつい誘惑に負けてしまうので、引込みがつかなくなるようここで宣言!

1.午前中のFacebook

以前、「つながり熟成機」と書いた Facebook。僕は「直接会ってお話ししたことがあり、1対1で話ができる間柄の方」に限定して友達としてつながっている。

大切で価値あるつながりなのは間違いないのだが、みなさん魅力的な活動をしているので、どうしても長居してしまいがち(笑)。特に、休日の午前は時間があるのをいいことに、ついつい読みすぎてしまい、気がつけばあっという間に昼になってしまう。平日も通勤電車のなかで読み始めると、これまた時間がたってしまう。この時間をアウトプットづくりや読書などにあてていきたい。

というわけで、平日・休日ともに午前中は Facebookへのアクセスをやめる*1
もし午前中に「いいね!」とか押しているのを発見したら、ご指摘(通報?)ください!

2.睡眠不足

20代、30代の若かりし頃、睡眠は 3,4時間も取っていればまったく問題なかった*2。それが 40代も半ばにさしかかった今、睡眠不足が翌日の体調にめちゃくちゃ効いてくるようになった。だめ、ゼッタイ!

睡眠不足の原因は、夜更かしと朝起きてからのまどろみ。遅く帰って食事をして腹がこなれるまでグタグタと起きていたり、朝目覚めてからもあれこれボーっと考えている時間が長い。そんなことしているならその時間をあてれば、あと1時間は睡眠時間を増やせるはずなのだ。

まずは、5時間以上の睡眠を確保することを目標とし、帰宅してからいかに早く眠るか、朝の時間をテキパキすごすルーチンを決める。

3.興味のままに手を出す

何かを実施する際、(特にプライベートでは)時間をしっかり見積もらずに、興味のままに手を出すことが多い。結果的に満足いく出来になることもあるのだが、えてして「げ、ここにこんなに時間をかけちゃったの!?」となることの方が多い。時間管理が苦手…。

というわけで、「何分でやる!」と決めてから着手することを習慣化する。

このブログも30分で書くと決めた!
…あと3分なので急ごう(汗)

まとめ

やりたいことは数限りなくある。
特に後回しにしがちな「緊急ではない重要事項」を行うためには、何かをやめて時間をつくりだすのが必要だ。

上にあげた3つを今日から「やめる」ことを、ここに誓います!

関連本

古川武士さんの『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』。

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣

やめると宣言した「1.午前中のFacebook」に関係してこんな記述がある。

完全にネット・スマホをやめることは不可能でも、利用をコントロールしたいところです。
ここでは3つの対策をお伝えします。
対策1:熱中できるスイッチング行動を見つける
対策2:時間、タイミングを制限する
対策3:やりにくい環境を作る

僕の場合、スイッチング行動は、読書と読了本記録にするとうまくいきそう。


そして、もう1冊。
こちらはタイトルが気になりつつスルーしていたが、最近本屋でみかけて購入した本。

習慣の力 The Power of Habit

習慣の力 The Power of Habit

あらためて読んでみたい。

関連エントリ

2011年末、Facebookとの付き合い方について書いたもの。

*1:急ぎで通知されるFacebookメッセージは例外対応。あと、サービス連携していて登録される読書記録などもあるから、意外と離れたように見えないかも(笑)

*2:90分の倍数だと寝覚めがいいと聞いたこともあり、あえて 3時間、4.5時間睡眠にしていたことも…