ヒト感!!

感情、コミュニティをテーマに、人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバをご紹介

黒子の喜び ~コミュニティマネージャーは舞台に出るか?~

BS日テレの「久米書店」をご存じだろうか。
久米宏さんと壇蜜さんが店主&店員に扮した書店に、話題の本の著者を招くトーク番組だ。(毎週 日曜18:00~18:54放送)

外山滋比古さんの『知的生活習慣』

4月5日放送では、『知的生活習慣』の著者・外山滋比古さんがゲストだった。番組開始以来の最年長ゲストで、御年なんと91歳!(ご本人は年齢を考えないようにしているのだとか)

BS日テレ「久米書店」#51 外山滋比古・知的生活習慣
外山滋比古 - Wikipedia


外山さんが語る『知的生活習慣』の話は面白く、

  • 学校で教える知識は、ただ倉庫に入れておくだけのもの
  • 学んだことを生活と結びつけ、生活を通して得た生み出すことが重要だ(=工場として頭をつかう)

と力説されていた。

f:id:hito-kan:20150412145402j:plain:w420


また、誰もが「(一人ひとりの個性にあわせた)知の巨人」を目指せばいい、という主張もすごく腹落ちした。みなが崇め奉るような絶対的な「知の巨人」的存在ではなく、各人固有の生活とリンクした「知」を極めろ、ということ。

知的生活習慣 (ちくま新書)

知的生活習慣 (ちくま新書)

(このあたり気になる方は、ぜひ本書を読んでみていただきたい)

黒子は舞台に出ない?

さて、本エントリで取り上げたいテーマは、トーク後半で登場した「黒子(くろこ)」について。最近注目されている「コミュニティマネージャー」という役割と対比して考えてみたい。


外山さんは、若手エリート編集者から「ごいっしょに仕事がしたいと思っています」という手紙をもらい、戸惑ったという。
なぜか?

続きを読む

妙に気になる女性アナウンス、横浜市営地下鉄の【あの声】は誰?

f:id:hito-kan:20150412074145j:plain:w420


電車内でふと聞こえてきた音に、ハッとすることはないだろうか。


僕は音に敏感なようで、何かに集中しているつもりでも、つい耳を奪わてしまう瞬間がある。いまから1ヶ月半ほど前に、「おや?」と気になって、こんなことをつぶやいていた。


妙に気になる声

この新しい車内アナウンスは、今年7月に始まる横浜市営地下鉄ブルーラインの快速運転にむけて導入された音声らしい。
(そういえば「【普通】○○行きです」という案内も追加されている)


最初は特定の車輌から始まったためか遭遇する機会が少なかったが、最近では地下鉄に乗るとほぼ同じ声をきくようになった。


YouTube上に動画がアップされていたので、まずは聴いてみていただきたい。
僕が気になったのはこの方の「声」。



この、抑えぎみの低めの声と、ゆらゆら揺れる不思議なイントネーション、そしてやや息まじりの文末の余韻に、なんだかドギマギしてしまうのだ。


いったい誰の声なのか?
ネット検索したところ…

続きを読む