読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

『学習まんが アフォーダンス』のアフォーダンス

学び

あなたは、この物体からどんな「意味」を感じるだろうか?


f:id:hito-kan:20170320170316j:plain

出会いは、B&B でのスゴ本オフ

先日、下北沢の 本屋B&B で開催されたスゴ本オフに参加した。

スゴ本オフは、ブログ「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」の Dain さんが主催する会で、スゴ本をお互いに紹介しあうもの。

今回は開店前の B&B を貸し切って、並んでいる本のなかからオススメしたい本を選んでプレゼンするという特別編だった。

Dainさんによるイベントレポートはこちら。


冒頭の写真の冊子は、僕が店内でみつけて妙に心ひかれた一冊だ。

学習まんが アフォーダンス

学習まんが「アフォーダンス」は、大林寛さん(Experience Design Office OVERKAST代表)が原作・監修し、コルシカさんが漫画を担当した作品。

アフォーダンスという理論を、身近に感じてもらうことを目的に書かれたもの。


(本編は、Webでも読むことができる)

アフォーダンスって?

では、そもそもアフォーダンスとは何なのか?

このまんがでは、登場人物の「博士」がこんな風に解説している。

アフォーダンスとは生態心理学者のギブソンが造った言葉じゃ。


ギブソンは動物と環境の関係から近くについて考えた人で

アフォーダンスとは
「環境が動物に提供する意味や価値」
のことなんじゃ


まんがではイスの例が挙げられており、こんな「意味」をもつとして紹介されている。

  • すわる
  • ふみ台にする
  • ストレッチにつかう
  • ものをおく
  • ベッドにする
  • あそぶ
  • かくれる etc.

「意味」は与えられるのではなく、環境にある「事実」として選んでいるだけ

かといって、物体そのものが「意味」を与えようとしているのではない。


博士の発言はこうだ。

イスはわしらに意味を与えようとしているわけではないんじゃ


環境にある「事実」として
イスには「座れる」という意味がある
だけであって
わしらはそれを選んでいるにすぎない


わしらに対する刺激でも、わしらの印象でもなく、
ただ情報としてそこにある


わしらがそれまでしてきた経験や個性によって、
その意味が決まるんじゃ


イスという物体を見たことがない人には、「座れる」という意味をピックアップできない可能性がある。また、体が大きい人には「かくれる」という意味も選べないだろう。自らの経験や個性によって、イスとの「意味」が決まる、というのはアフォーダンスの説明として分かりやすい。


『学習まんが アフォーダンス』のアフォーダンス

僕は、B&Bで見つけた『学習まんが アフォーダンス』(袋入り)から、こんな意味をピックアップした。

  • 触れる
  • 開けられる
  • 読める
  • 楽しめる


あと、「ネタになる」という意味も選び取っていたかもしれない(笑)

このエントリを書いて、もやもやと感じていた意味をようやく形にすることができた。

参考:学習まんが アフォーダンスの制作過程

参考情報

アフォーダンス関連

僕が「アフォーダンス」という理論をはじめて知ったのは、D.A.ノーマン氏の『誰のためのデザイン?』を読んだとき。

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

(いまは増補・改訂版が出ている)


この概念が気になり、その後 そのものずばりの『アフォーダンス』(佐々木正人さん著)という本も読んだ。
詳細が気になる方はこちらをどうぞ。

アフォーダンス-新しい認知の理論 (岩波科学ライブラリー (12))

アフォーダンス-新しい認知の理論 (岩波科学ライブラリー (12))

新版 アフォーダンス (岩波科学ライブラリー)

新版 アフォーダンス (岩波科学ライブラリー)

(こちらも新版あり)

おまけ:B&Bスゴ本オフ

同じ本屋・書棚という環境から、何をピックアップするかは人それぞれ。ここまで違うと圧巻!

はてなブログ グループ「読書会」をつくりました

本-読書会

f:id:hito-kan:20170226200645j:plain

はてなブログ グループ「読書会」

自分で主催するもの、あるいは参加するものを含めて、ここ最近「読書会」に関わる投稿をすることが多い。


というわけで、はてなブログ グループに「読書会」を作成してみた。
(「はてなブログ グループ > 趣味 > 読書」のサブカテゴリ)

読書そのものではなく、読書会についてのエントリを集めるグループです。開催記録や参加レポート、読書会運営のTipsなど、読書会について書いたときに紐付けてください。


特に告知はしてなかったけれど、すでに何名かの方が使ってくださっている(感謝!)

はてなブログを書いている人で、読書会を開催している方、参加してきた方は、ぜひ活用してください。

「言葉は最高の食料なのです」 〜『調理場という戦場』より

本-読書会 言葉のごちそう

誰かの発した一言に、耳がピクッと反応し、頭にこびりついて離れなくなる。

先日、本好きが集まるオフ会でそんな体験をした。

斉須政雄さんの『調理場という戦場』

「言葉は最高の食料なのです」

このフレーズは、フレンチレストラン コート・ドールの斉須政雄さんが著書『調理場という戦場』に書いているのだという。


さっそく本を書い、探したところ「東京 コート・ドール」の章にその言葉はあった。

続きを読む

【はじめます!】佐渡島庸平さんの『ぼくらの仮説が世界をつくる』読書会

コミュニティマネージャー 本-読書会

1月に感想を書いた佐渡島庸平さんの『ぼくらの仮説が世界をつくる』。

この本を、コミュニティ運営者が集う【CMC読書会】で課題図書としてとりあげ、1ヶ月間かけてディスカッションすることにした。
bokuranokasetsu.com

CMC読書会15『ぼくらの仮説が世界をつくる』

f:id:hito-kan:20170201082208j:plain:w450

・課題図書:『ぼくらの仮説が世界をつくる』(著者 佐渡島庸平さん)
・期間:2017年2月1日〜2月28日
・形態:facebookグループ【CMC読書会】上でのオンラインディスカッション

続きを読む

「眠っている魂をゆり動かし、これを呼び醒ます」 〜『修身教授録』より

言葉のごちそう 本-読書会

先日参加した読書会 人間塾in東京で、森信三さんの『修身教授録』を読んだ。

森信三先生の『修身教授録』


第1回読書会でも課題図書としてとりあげられていた本書が、5年後の今回(第60回)の課題図書となり、ひさびさにじっくり読むきっかけになった。

今回読んでいちばん響いたのは「第34講 国民教育の眼目」に登場する次のフレーズ。

真の教育というものは、単に教科書を型通りに授けるだけにとどまらないで、すすんで相手の眠っている魂をゆり動かし、これを呼び醒ますところまで行かねばならぬのです。


口でいうのは簡単だけれど、
「眠っている魂をゆり動かし、これを呼び醒ます」
を実践するのは生半可なことではない。


教師だから、上司だから、親だから…
そんな「立場」だけでは到底ムリなことで、その人の本気度が試されてしまう。


信三先生は、上の言葉に続けてこんな風に語っている。

続きを読む