読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバをご紹介

【レポート】『ゆっくり、いそげ』オンライン&リアル読書会を開催!

先月、facebook上で 1ヶ月間の オンライン読書会を開催した。
開催母体はコミュニティマネージャーズ・コミュニティ(CMC)で、「コミュニティ運営のヒントを本から学ぼう」という趣旨で隔月開催している読書会だ。

課題図書は『ゆっくり、いそげ』

今回課題本に選んだのは、西国分寺のクルミドコーヒー店主 影山知明さんの著書『ゆっくり、いそげ』。本やクルミドコーヒー、そして影山さんの魅力もあって、CMC外からも4名の方に参加していただいた。


ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~

ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~


オンライン+リアル読書会のエッセンスをレポートに

期間中、オンライン上では19人が対話に参加。そして、6月21日には、クルミドコーヒーに7人が集まり、影山さんにも参加してもらって対面での読書会を開くことができた。大テーブルを囲み、著者ご自身からも解説やアドバイスをいただけるという、なんとも贅沢な時間!


本に書かれた現場で影山さんやスタッフの方とお話しすると、「あぁ、なるほど!」と実感できることが数多くあった(受贈者的な人格、「いい時間」を提供、支援し合う関係 等)。NPOやコワーキングスペース、ファンコミュニティや社内コミュニティなど、コミュニティ運営に関わる人が多かったので、余計にその想いが強いのかもしれない。


読書会のやりとりは参加メンバ限りなのだけれど、そのエッセンスだけでもお伝えできたらと思い、レポートにまとめてslideshare上に公開した。よろしかったらこちらからどうぞ。



読書会を終えてあらためて思うのは、「コミュニティ」運営や、人と人の「つながり」に強い関心をもっている方に、『ゆっくり、いそげ』を読んでもらい、意見交換したいなということだ。未読の方はぜひ!




読書会開始時のお知らせ、僕が最初に訪問したときの感想は、こちら。

【お知らせ】「読書会」カテゴリ、つくりました

最近、読書会に参加したり、企画・運営にたずさわったりすることが多くある。そんなわけで、このブログにも読書会について投稿することが増えてきた。


そこで、ブログの「本」カテゴリから「読書会」を独立させることにした。


読書会 カテゴリーの記事一覧 - ヒト感!!



読書会に興味・関心のある方は、こちらの一覧を眺めてもらうと何かお役にたつ投稿が見つかるかもしれない。よかったらどうぞ。


読書会関連のおすすめエントリ

社内読書会のススメ - ヒト感!!


他にもこんな投稿あります。

気がつけば、昔のブログから引き継いできたカテゴリがごちゃごちゃしてきたので、その他にも整理・統合を検討中。


ひとまず、今日はこのお知らせだけ…。

愛、体温、ネットの感じ 〜これからの「コピーライター」に必要な素養!?〜

f:id:hito-kan:20150719143643j:plain

愛だろ、愛っ。

ウクレレをつまびきながら永瀬正敏さんがこう語っていたのは、サントリー・ザ カクテルバーのCM。20年以上前だけど、このコピーはしっかり記憶している*1


昨日参加したイベント*2は、長谷川哲士さん(@aseetsu)、ヨッピーさん(@yoppymodel)、シャープ 山本さん(@SHARP_JPの中の人)の3人がコピーライティングについて語り合う刺激的なものだった。


以前から長谷川さんのつぶやきやコピー作品がお気に入りだった僕だが、昨日は、フォロワーとのやりとりが魅力的な @SHARP_JP の山本さん、ヤフーやオモコロでトンデモ企画を実践するヨッピーさんの発言からも心に響く言葉をたくさんいただいた。ガハハと大笑いしつつも深くうなづき、気づけば手帳にはメモがたくさん!


コピーライティングそのものより、今後コピーライターが twitter やインターネット上で日常的に活動することの大切さが語られていたように思う。せっかくなので(書いても問題なさそうな発言に絞って)まとめておきたい。


僕が特にひっかかったキーワードは、愛、体温、ネットの感じの3つ。
それぞれで気になった言葉をあげると・・・

*1:ちなみに、これは佐倉康彦さんの作品らしい

*2:コピーライター養成講座 拡散コース 特別体験講座

続きを読む