読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

2031年に思いを馳せて 〜ハタチ基金でともに応援

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日は、戦後70年目の終戦記念日。
新聞・テレビでは、過去をふりかえる文章や番組が報道されている。


そんななか、僕は先日届いた報告書を読んでいた。
2014年度ハタチ基金活動報告書」だ。

ハタチ基金とは?

ハタチ基金ロゴ
公益社団法人 ハタチ基金

東日本大震災発生時に
0歳だった赤ちゃんが、
無事にハタチを迎えるその日まで。

このメッセージに強く共感した僕は、活動を継続的に応援している。ブログにも何度かエントリを書いた。

「ハタチ基金」関連エントリ



2031年の世の中って…

震災から20年後の2031年といえば、今から16年後である。

まだちょっと先だと思っている東京オリンピック開催が2020年で、その11年後。
僕は61歳になっているはずだし、ひょっとすると孫がいたりするかもしれない!


さて、どんな世の中になっているだろう。
そして、2011年に生まれた赤ちゃんはどんなハタチを迎えるだろう。


この1年の報告書を読みながら、そんな未来に思いを馳せることができた。

一緒にサポートしませんか?

ハタチ基金の個人サポート会員には、2015年3月現在 約1,000人が登録しているそうだ。基金では、企業・団体からの寄付とあわせた資金から、学び・自立の機会を提供するための活動を選び、学び場づくりや教育バウチャー事業なを支援している。


ハタチ基金では、2031年までの今後16年間 継続的に子どもたちを支援するために、いまも個人サポート会員を募集している。


本エントリを読んで少しでも興味がわいた方は、一度ページをご覧ください。(月1,000円から支援ができます)
http://www.hatachikikin.com/shien


本ブログを読んでくださっているあなたとご一緒に、この活動をサポートできたら嬉しいです。


追記

本エントリに関連する情報を2つ追加します。

時に海を見よ

時に海を見よ (双葉文庫)

時に海を見よ (双葉文庫)

1つ前のエントリ(中学・高校時代の自分に読ませたい本)に関連して、友人に紹介してもらった一冊。

My Way (Def Tech cover)

2011年3月15日、二人のアーティスト(d-iZeさん、齊藤ジョニーさん)がホームビデオで撮影した動画。投稿メッセージとその歌声が、胸に迫ってきます。

自分が一番へこんでいるとき、歌なんか歌えないと思っているとき、それでも仲のいい友­達と声を出して、歌って、前向きになろうと思えました。これをみて、そんな気持ちを誰­かに持ってもらえたら、うれしいです。


支援には色んな形があります。
そして、こんなブログを書いている僕も、できていないことが山ほどあります。

それでも、忘れないこと、思うこと、(自分にできる何かを)行動することは今後も続けていくつもりです。