ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

する日?される日? ~1月第4月曜は「コミュニティマネージャー感謝の日」

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には、縁の下の力持ち、黒子的な動きをしている人がいる。職場や地域、同窓会、趣味のサークルなど、いわゆる「コミュニティ」と呼ばれるものも、その人がいるからうまく回っている、ということは多い。

一方、そういう人には、なかなかスポットライトがあたらないのが現実だ。いなくなって初めて、日常やってくれていたことのありがたさに気づくこともある。

そんな人たちのためにあるのが、「コミュニティマネージャー感謝の日」だ。

「コミュニティマネージャー感謝の日」とは?

コミュニティマネージャー感謝の日は、所属・参加するコミュニティを運営している人(=コミュニティマネージャー)に日頃の感謝を伝えよう!という趣旨で、2010年にアメリカで始まったムーブメント。提唱者はジェレマイア・オウヤン(Jeremiah Owyang)氏で、毎年1月第4月曜日に行われている。

※このあたりの経緯は、現在 Meetup のコミュニティマネージャーとして活動している市川裕康さんの解説が詳しい。


日本でも、2013年1月以来、毎年東京でミートアップが開催されている。

過去3年の「感謝の日」ミートアップには、コミュニティマネージャー的な動きをしている人が集まって、自身の活動を紹介したり、生の事例に耳を傾けたり、「あるある」情報を共有するなどを実施してきた。


2016年も東京ミートアップを、1月第4月曜日(1月25日)に開催するので、興味のある方はぜひご参加を!

コミュニティマネージャー感謝の日 東京ミートアップ2016

cmad2016.peatix.com

前述した市川さんからの最新動向のほか、NPO法人CRファクトリー 呉哲煥さんのプレゼンテーション"社会を変える、強くあたたかいコミュニティ運営の秘訣~"、注目コミュニティマネージャーお三方のパネルディスカッションなど盛り沢山!。
(Peatixで事前申込みをすると参加費割引あり)


僕は2013年の東京ミートアップから参加しており、今年で4回目。昨年2015年からはミートアップの運営にも関わっている(今年はあまり貢献できてないけれど…)。

実は、毎年参加していてちょっと気になっていることがある。
それは、「感謝の日」という色があまり濃くないなぁということだ。

感謝するのか、されるのか

thank you

感謝は誰に?

同じ記念日でも母の日や父の日であれば、分かりやすい。感謝の対象が明確だからだ。

一方、「コミュニティマネージャー感謝の日」はその対象が見えづらい。

人は数多くのコミュニティに参加しているし、なかには意識することなく参加しているものだってある。ためしに数え上げてみても、僕自身ざっと数十のコミュニティは思い当たる(家族・親戚、職場・業界、地域、出身学校・団体、趣味・関心、支援・応援している活動やサービス etc)。こういう状況では、それを運営している人(うまくまわるのに貢献している人)が誰なのかもわかりづらいのが正直なところ。

で、「コミュニティマネージャー感謝の日」がもっと盛り上がるために、こんなことを考えてみた。

コミュニティマネージャーから感謝の連鎖を

あるコミュニティで、コミュニティマネージャー(管理人、世話役、幹事 etc.)的な役割を担っている人は、一方で他のコミュニティのメンバでもあるはず。

そこで、年に1度の「コミュニティマネージャー感謝の日」にかこつけて、こんな行動をしてみませんか。

  1. いま大切にしているコミュニティを1つ思いうかべる
  2. そのコミュニティの「運営に貢献してくれている!」と思う相手に、感謝の想いを伝える(口頭でも手紙でもメッセージでも…)
  3. (可能な範囲で)感謝の内容を、ハッシュタグ「#コミュマネ感謝の日」で共有する(グローバルだと「#CMAD」)


というわけで、もともとは「コミュニティマネージャー【に】感謝する日」なのだろうけれど、まずは「コミュニティマネージャー【が】感謝する日」として、感謝の連鎖が広がることを願っとります。


近い将来、この日が日本でもメジャーになって、バレンタインデーみたいにニュースで取り上げられたらいいなぁ(笑)。

関連情報

参考リンク

  • Facebookグループ:コミュニティマネージャーズ・コミュニティ(CMC)
    • コミュニティマネージャー同士のやりとりを通じて、参加者各自の運営コミュニティを豊かにすることを目的にしたFacebookグループ。今回のミートアップ企画実行委員の母体でもあります。
    • ★新規にグループ参加を希望される方は、事前に自己紹介フォームへの記入をお願いします。