ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

25年目の「星のラブレター」におめでとう&ありがとう

このエントリーをはてなブックマークに追加

「今から25年前、どこで何をしていましたか?」
「当時のことで、今でも心に残っていることは何ですか?」



出逢いは学園祭

1989年、僕は大学2年生。通っていた学校の学園祭に、最近デビューしたバンドがやってくるという。

あんまりよく知らなかったものの、ぴあでチケットをゲットして、サークル仲間とバイト友人を誘った。ふだん法学の授業を受けていた大講堂でのライブは、飛んだり跳ねたり踊ったりで想像以上に楽しいステージ。
それが、僕の THE BOOM との出逢いだった。



あれから 25年がたち、今年の5月21日にデビュー25周年を迎えた彼ら。
2014年いっぱいでバンドとしての音楽活動を終了し解散する、とのこと(発表記事)。

星のラブレター

25周年記念に発表されたのは、ファーストアルバムにも入っている彼らの代表曲「星のラブレター」
素朴なメロディーとあったかい歌詞が好きでカラオケにいくと今でもほぼ毎回歌っている。僕個人としても思い入れのある一曲だ。

星のラブレター

星のラブレター

星のラブレター

星のラブレター

  • THE BOOM
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes



今回新たに作られたミュージックビデオには、THE BOOM がデビューした1989年に生まれ、今年25歳になった多部未華子さんが出演。

「星のラブレター」のあったかい世界観が表現されているドラマ仕立てで、観ていると自然と笑顔になれる*1


特に、ちょっぴり甘く切なく響くサビのフレーズがいい。

♪愛してます 好きにしてよ
 君に会いにいくよ


THE BOOM が大切に歌い続けてきたこの曲が、25歳を迎えたことに心から「おめでとう」を。
そして、素敵な曲を生み出してくれた彼らに「ありがとう」と言いたい、そんな気分です。


25年前の自分や、いま大切にしている人のことを思いながら聴いてもらいたい一曲。

*1:主人公である「僕」ではなく、ラブレターを受け取る「君」視点でのドラマ展開?