ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

【妄想入り全曲紹介】Goose house 『Soundtrack?』は珠玉のフレーズ集

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなにも誰かを好きになるなんて、何年ぶりだろう……?


そんな風に思うほど、繰り返しくりかえし聴いているのが Goose house2nd フルAlbum『Soundtrack?』だ。

Goose houseとは

Goose houseをご存じない方は、まず以下のエントリをどうぞ。

振り返ってみると、CDを発売前に予約したのは十数年ぶり。この気合いの入り方に、正直なところ自分でも驚いている。40歳を過ぎたオヤジが、こんなにも夢中になってしまうのはなぜなんだろうか(笑)


理由のひとつは、彼らが醸し出す「音楽を好きで好きでたまらないオーラ」。これは YouTube にアップされている演奏動画をみても感じてもらえるだろう。
そして、もうひとつの理由が、Goose house メンバーが歌詞の世界をとても大切に歌っている、ということ。彼らが、USTREAM ライブでAKB48や乃木坂46らアイドルの楽曲をカバーしているのを聴いて、「こんな素敵な歌詞だったのか!」と再発見することもしばしばある。

アルバム「Soundtrack?」

今回のアルバムは「架空の青春映画のサウンドトラック」というコンセプトでつくられていることもあり、一段と歌詞を気にしながら聴くことになった。こんな映画、という想定だ。

恋人を交通事故で失くし、声を失った歌手志望の少女。彼女に、もう一度歌ってもらうために友人たちはタイムマシーン製作に挑みます。しかし、集まった仲間たちは、何かが欠けたちぐはぐな仲間たち。ストーリーを描けない漫画家、過去を抹消したカフェ女店主、科学研究所を解雇された科学者といった登場人物たち。ストーリーのさまざまなシーンを想定して曲はつくられました。シーンとシーンの間は、あなたの想像力で紡いでください。トラックの順番どおり聴いてもらえれば、まるで1本の映画を見たような気持ちになるはずです。 (Facebook Goosehouse.jp より)


というわけで、このエントリでは『Soundtrack?』の歌詞のなかで出合った素敵なフレーズを、全11曲それぞれについて取り上げてみたい。超私的セレクト&思い込みの入った聴き方なので、「えぇ〜、この部分の方がいいよ」「その解釈は違うんじゃない?」などの声もあると思うが、そのあたりはご容赦を。


それでは、CD 付属のライナーノーツ、Scene解説文 をインプットとして、妄想もごっちゃに加えた全曲紹介、いってみます。
(なお、「メインボーカル」にはメロディパートを歌っているメンバ名を*推定*で書いています*1<登場順>。)

【妄想入り全曲紹介】Goose house 『Soundtrack?』

01. Extra (メインボーカル:竹渕慶さん)

「恋人の事故死のショックで歌声を失った夏美」の心情を歌う1曲目。
目に映った、思い出がつまっているであろう物たちを次々に挙げて、過ぎ去った時間を愛おしむように懐かしむ。


そんな歌詞が続いたあと、サビの後半に登場するのはこんなフレーズ。

in this apathetic world
Each of us are Extras with hopes unshed

 (→勝手に日本語訳*2


悲しいんだけれど、もう涙も枯れてしまったイメージ。
聴く側に、喪失感の切なさがいっそう伝わってくる。


曲の初めと終わりに挿入されている 8mm映写機(?)がカラカラ回る音も、ふりかえり感を増していていい。

02. タイムマシン (メインボーカル:ワタナベシュウヘイさん、d-iZeさん、工藤秀平さん、マナミさん、沙夜香さん ?)

一転してアップテンポで力強い曲調に。
夏美の幼なじみである「引きこもりSF少年の鉄平」は、彼女の歌声をとりもどすため、タイムマシンをつくることを思いつく。


突拍子もないアイデアだけど、それが実現したときのワクワク感が歌われていて気持ちいい。
曲調が一瞬変わる Cメロ ではこんなフレーズが出てくる。

歴史を変えるとか そんなの興味ないさ
ただひとつ 君に“好き”と言わせたい


(2014.2.22のUSTREAMライブでの演奏)


タイムマシンの使い道ってこういうのもありかもね、と思った。
わっしゅうさんが歌うこの高音部分、とても好き。

03. 3/4 (メインボーカル:工藤秀平さん、d-iZeさん、竹澤汀さん)

爽やかなコーラスがかぶさって始まるこの曲。
夏美をいたわる鉄平の気持ちが歌われているのかな。


タイトルを見て「?」と思っていたけど、このサビのフレーズを聴いて「!」となった。

夏に終わった 恋の痛み キミの季節の 4分の1
これから作る 春 秋冬 増える思い出 4分の3


一番の最後に登場する“♪次の夏二人で 1になろう”も、「あ〜、なるほど」と膝をうつフレーズ。



(2013.8.24 の USTREAM ライブで演奏)

04. 真夏のミッション (メインボーカル:マナミさん、ワタナベシュウヘイさん、竹渕慶さん)

ボイスパーカッション(?)のノリのいいリズムで始まるこの曲。


仲間が集まったガレージで、タイムマシンをつくりだしたって想定かな。
試行錯誤しつつも、少しずつ前に進んでいるような楽しげな感じ。
サビ後半のフレーズにもそんな想いがかいまみえる。

僕らの真夏のミッションは終わらない
勇気だけがパスコードさ
何度でも作り出そうよ
本気になればなんだってできる


歌詞に「パスコード」が出てくるのが今っぽい。
なお、間奏・後奏にさしこまれている、遊び心たっぷりのセリフ(しゃべり?)も楽しさをさらに増してます。*3



(2016年6月のUSTREAM放送にて)

05. ここにいるよ (メインボーカル:沙夜香さん、竹澤汀さん)

しっとりしたピアノのメロディで静かに始まる曲。
前曲「真夏のミッション」で情熱的にとりくんでいた状況から、ふと登場人物が立ち止まって考える。そんな趣きだ。


聞こえてくるのは、汀さん&沙夜香さんのハモリで歌われるこんなフレーズ。

ねえ ここにいるよ
名のない花のように
ねえ ここにいるよ
静かに咲いているよ


聴いていてとても切なく、そして応援したくなる一曲。

06. グッドモーニング (メインボーカル:竹澤汀さん)

「材料調達屋の源さん」が主役の曲。
でも歌っているのは汀さん。「カーラジオから流れてきたメロディ」という設定のようだ。


ミディアムテンポのリズムにギターの伴奏で(どちらかというと)淡々と進んでいく曲のなかで、お!とおもったのがこちらのフレーズ。

作り出す人 使う人 でもそれだけじゃ回らないよね
ラスト一つの歯車は 案外僕なのかもしれません


最初はピンとこなかったけど、この曲に登場する「僕」がゴミ回収の仕事をしていると分かると、源さんと同じようにニヤッとできた。

07. ふたつの月  (メインボーカル:d-iZeさん、ワタナベシュウヘイさん)

幼なじみのために情熱を燃やす鉄平が頼るのは、「ロシア帰りの科学者」未来。
未来は「理論上はタイムマシンはつくれる」と豪語するけれど、失敗の連続をうけて徐々に仲間たちの心がバラバラになっていく……。


そんなシーンのBGMに流れそうなのがこの曲。
2番のサビにはこんなフレーズが登場する。

「月はやさしいね」僕のとなり君がそう言った
ちがう月をみて 心が満たされてゆく
アポロ 僕の月もやさしいんだ


みなは、月の中にはウサギが見える、と言う。
でも、「僕」にはサカナが見えている。そんなことは言えなくて……。


「ちがう月」のように見えていても、となりあって同じ月を見ている二人。
手段や表現はちがっても、気持ちは通じあっている。
そんなふうに、やさしい気持ちにさせてくれる曲。

08. 今、走れ! (メインボーカル:ワタナベシュウヘイさん、マナミさん、工藤秀平さん)

何かが吹っ切れたような鉄平が、ママチャリで朝の海岸線を疾走するシーン。
サビで流れるこのフレーズが、彼が再度胸にきざんだ決意を物語っている。

過去の後悔も 未来の理想像も
蹴り飛ばせ Oh Oh ほら何も怖くないさ
ちらつく夢も 残った傷あとだって
世界に1つしかないもの 今 今 今 走り出せ


そう。過去も未来も、ここにはない。
「今」を見つめて、できることをただひたすらに!



(2014.6.28 の USTREAM ライブで演奏)


09. ごはんを食べよう (メインボーカル:沙夜香さん、マナミさん、工藤秀平さん)

家族や友だちの愛情って、あまりにも身近すぎるがゆえに、ふだん感じられなかったり、時には重かったりするもの。


でも、なにかの拍子でその想いに気づいたとき、「ありがたさ」と「嬉しさ」と「照れくささ」がないまぜになって、口では説明できない感情がグワッと胸にせまってくる。

こんなにも温かいごはんが こんなにも温かい笑顔が
こんなにもすぐそばにあったんだ
何か話す訳でもないけど「おいしいね」の一言で
分け合える愛がある 思い出せる愛がある
愛がある


自分のごくごく近くにある優しさや幸せを、もっと感じとりたいと思える一曲。



(2013.11.16 の USTREAM ライブで演奏)

10. 五線譜の空 (メインボーカル:竹渕慶さん)

付き合っていた彼を事故で失った、夏美。
事故をきっかけに声を失っていた彼女が、仲間の想いを受けて最終オーディションのステージでマイクに向かう。

キミがいない世界なら 「声」は生まれなかった
だからこそ 「声」で返すよ 「想い」くれたキミへ


魂のこもった高音が、とても強く訴えかける。
架空の映画のストーリーが、もっとも胸に響く曲。

11. 永遠の八月 (メインボーカル:d-iZeさん、竹渕慶さん、ワタナベシュウヘイさん、竹澤汀さん、工藤秀平さん、沙夜香さん、マナミさん)

全員がかわるがわるメロディを歌う、アルバムラストをかざる曲。
映画の登場人物たちも、それぞれの生活のなかで笑顔でいきいきと活動しているシーンが流れる。


みなでタイムマシンづくりに奔走した八月。
結局、マシンは完成しなかったのだけれど……。


工場の中には、ひっそりと未完成のままのタイムマシン。
マシンのアップからカメラがズームアウトしていくと、7人がその周りをとり囲んで、カメラ目線を送っている。


「それじゃ、いくよ」
パシャリ!というシャッター音とともに、「なんだよ、緊張しすぎだよ。もう1枚いくよ」の声。*4


ここで映像がストップ。さっき撮ったポラロイド写真が壁に貼られて、徐々に色あせていく…。


ときは流れて十数年後(?)。
大人になった鉄平が、引き出しの中から出てきたポラロイド写真を、何年ぶりかに懐かしそうに眺めている。


「あなたー、ごはんよー!」階下から呼ぶ妻の声。
「おー、いま行くよ」とこたえ、写真をまた引き出しにしまう。


そこで流れてくるのが、このフレーズ。

今のボクは 写真の少年に胸をはり
これがキミの未来だと 言えるのかな?


少年時代の自分に見せる、今の自分。
「これがお前の未来だよ」そんなセリフを胸張って言える自分でいたい。




……というわけで、『Soundtrack?』の妄想入り全曲紹介、いかがだったでしょうか?
ほんの思いつきで、さらっと歌詞を紹介するつもりが、書いているうちノリノリになって妄想だらけになっちゃいました(笑)。
最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。


それぞれがどんな曲か興味がわいた方は、ぜひ iTunes で視聴してみてください。
(曲の一部を聴くことができます。前半6曲後半5曲


そして、気に入ったらぜひ購入を!

CD

iTunes


全国的に暑かった2013年の夏。
もうすぐ終わる8月を感じながら Goosehouse『Soundtrack?』をとともに楽しみましょう。


スポンサーリンク:
サウンドハウス

Goose house関連リンク

本ブログのGoose house関連エントリ

追記

2013/8/24

Goose house phrase #03 Wandering

Goose house phrase #03 Wandering

2013/8/25
  • 「『Soundtrack?』のストーリー想像コレクション」を作りました。みなで想像したストーリーを集めてみると楽しいかなと思って…。今後も見つけたら追加していきます。
2013/8/31
  • Goosehouse関連リンクに、「もう Goose でいいよ。」を追加しました。
  • 8/24 USTREAMライブで演奏された "3/4" のYouTube動画へリンクを貼りました。
2013/9/14
  • 1曲目 Extra のサビ部分を、和訳(日本語詞化?)してみました。英語に詳しい方、ぜひご意見を。
2013/12/1
  • 11/16 USTREAMライブで演奏された "ごはんを食べよう" のYouTube動画へリンクを貼りました。
2014/3/12
  • 2/22 USTREAMライブで演奏された "タイムマシン" のYouTube動画リンクを貼りました。 
2014/7/7
  • 6/28 USTREAMライブで演奏された "今、走れ!" のYouTube動画へリンクを貼りました。

*1:「この人も歌っているんじゃない?」というご意見があれば、ぜひコメントください

*2:「この無関心な世界で、私たちお互い、希望を捨てきれないエキストラね…」って感じでしょうか?

*3:それにしても、突然「Elephant」「アイス食べたい」「揚げシュウマイをあえて焼く」って叫ばれても…。謎すぎる(笑)

*4:このカメラマンが齊藤ジョニーさんってことにしておこう。 追記:どうもジョニーさんにはもっと重要な配役があったようだ…。夏美の恋人・俊?