ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

「ノニ」から「カモ」へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、思ったこと。


 「あれだけ言ったのに…」
 「こんなにやっているのに…」
 「ここまで面倒みてあげたのに…」
 「ちゃんと伝えているのに…」


こういう発言の裏にある、苛立ちの感情は根が深い。
強い力が働いて、物事がまっすぐ見えなくなってしまう可能性が高いのだ。


同じシーンでこんな風に考えられると気持ちが楽になる。


 「いま動いてくれているのかも」
 「見てくれている人はいるのかも」
 「覚えが悪いだけなのかも」
 「いつかは分かってくれるかも」


自身の言動への見返りを期待をすると、「ノニ」の世界に陥ってしまう。
一方、見返りを求めずに自分ができることをやり続ければ、「カモ」の思考ができる……かも(笑)。


上の言葉は、今週の出来事を振り返りつつ『自分を育てるのは自分』を読んでいて浮かんできたもの。


自分が関わる世界についても、「いい方向に動き始めたのかも!」ってことで記録しておこうっと。


自分を育てるのは自分

自分を育てるのは自分