ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

一生に訪れる2つの時期

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、兼元謙任(かねもと・かねとう)さんの講演を聴く機会があった。


現在、オウケイウェイヴ代表を務める兼元さんだが、講演のなかで語る生き方は実に波乱万丈だった。さらに言葉や行動の背景にある考え方に強い興味をおぼえたので、著作『グーグルを超える日』を読んでみることにした。

グーグルを超える日 オーケイウェブの挑戦

グーグルを超える日 オーケイウェブの挑戦


本書の中で、少年時代の思い出として紹介されていたエピソードが妙に心にひっかかった。

「人の一生には前世の罪を償う時期と、生まれたことの意味を全うする時期とがあり、今はちょうどその前半生にあって、あなたは因縁を抹消しているところなの」とも言っていました。
 そう言われても、小学生のぼくには意味がよく理解できませんでした。
  (略)
 ただ、「苦しくて死にたいと思うこともあるかもしれないけれど、我慢しなさい。今にきっと治るから」と言われたときは、見透かされたとも感じました。(p.53)


誰の一生にも「前世の罪を償う時期」と「生まれたことの意味を全うする時期」の2つがある、という考え方は、科学的ではないだろうけれど経験的に納得できる。


きついこと、辛いことがあっても「今はまだ前半生なんだ」と思うことで乗り越えられるかもしれないし、どこかで出逢う大きなチャンスは後半生への入り口かもしれない。


要するに、人生とは考え方次第なのだ。


いい意味で勘違いしながら、「いまここ」を生きていこう。