読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

利益とありがとうの数

言葉のごちそう 感情・心理-感謝
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、かかえている仕事のピークが重なり、終電近くになる日がしばしば…。


そんななか、1日だけ早帰りした日の帰り道、ふらっと入った本屋で3冊の本を購入。うち1冊のなかでとても素敵な言葉に出会ったので記録しておく。

「利益」は、「ありがとうを言ってもらった数」から、「ありがとうを言った数」を引いた数のことです。
 (中略)
誰かに何かをしてもらって「ありがとう」を言った数より、自分が社会に貢献して「ありがとう」を言われた数が多いほうが幸せだと思います。


「利益」とは、「ありがとう」をやりとりした後に残った気持ちなんだ、という考えはとても共感できた。


言葉の主は税理士の鈴木尚さん。で、この鈴木さんの言葉を紹介していたのが村尾隆介さんの近著『安売りしない会社はどこで努力しているか?』。


安売りしない会社はどこで努力をしているか?

安売りしない会社はどこで努力をしているか?


おふたりとも存じあげないのだが、不思議なご縁で出会ったこの言葉、とても琴線に響いた。素敵な出会いに感謝です!