読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

知的腕力 - 説得ではなく納得で人を動かすチカラ

言葉のごちそう ○○の生き物 感情・心理
このエントリーをはてなブックマークに追加

月刊「致知」 2010年9月号の特集は「人を育てる」。
各界で人育てを実践している方々のインタビュー記事が満載で、いまワクワクしながら読んでいる。

screenshot


巻頭の対談「こうすれば人は育つ」に登場するのは、小出義雄さん(佐倉アスリート倶楽部社長)と長谷川和廣さん(会社力研究所代表)。多くのマラソン選手を育ててきた小出さんと、2,000社の会社再建にかかわってきた長谷川さん。実は、おふたりとも千葉県佐倉市で昭和14年に生まれており、子どもの頃からの知り合いなのだとか。


長谷川さんのセリフのなかで、再建にあたって「会社を動かせる人を育てる」という文脈で登場した「知的腕力」という言葉に目がとまった。

人間は感情の動物だといいますが、理にかなっていないことは絶対にやらないんですね。説得してもダメです。「まあ、そうしなきゃいけないんだろう」と納得して動き出させる知的腕力が大切なのです。


僕が知っている先輩や友人をイメージしても、組織に対して大きな影響力をもっている人はそういう強かなチカラをもっているように思う。(僕の考えでは、納得してもらうには「理」だけでなく「情」の方にこそ訴える必要があるとは思うのだけど…)


説得ではなく納得で人を動かすチカラ。今後、意識して磨いていきたい。