読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

映画「うまれる」イベント“男のお産塾”、参加してきました

感情・心理-wow! 感情・心理-応援 言葉のごちそう
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月25日、田町にある「女性と仕事の未来館」まで出かけてきた。


おめあては、映画「うまれる」の第2回イベント“男のお産塾”。

2月のオフ会は一人で参加したのだが、今回は妻を誘って二人で参加してきた。


映画「うまれる」第2回イベント『男のお産塾』


イベントの冒頭、監督の豪田トモさんからのあいさつがあり、「全細胞に命の素晴らしさがしみわたる、そんな映画にしたい」という決意表明を聞くことができた。トモさんの強い想いに、あらためてこの映画への期待が高まる。


このあと、

  • 「うまれる」を紹介したNHK総合テレビ特報首都圏」の上映
  • 別所哲也さんによる詩の朗読「わたしがあなたを選びました」*1
  • トモさん・大葉ナナコさん・鮫島浩二さん・別所さん4人でのパネルディスカッション
  • 大葉ナナコさんによる講演「男の誕生学」
  • 映画「うまれる」ダイジェスト版上映

など、盛りだくさんの内容で、「妊娠・出産を自分ごととしてとらえにくい」僕ら男性に向けて、いろいろな角度から考えるきっかけを与えてくれたように思う。



気になった発言がいくつかあるので、ご紹介すると…。

  • 子どもや赤ちゃんの泣き声はBGMです
  • 女性は生むことで母親になれるが、男性は子どもがうまれても父になるだけ。育児に参加して初めて“父親”になれる
  • 分娩室に入ることが立ち会いではない。妊娠中から興味を持って関わることこそが立ち会いだ
  • 立ち会い出産では「どうしてほしい?」と聞くこと(「どんな感じ?」「痛い?」はNGワード)
  • 男にも想いはある / 「想いはある」ということだけでも口にしてください
  • 非日常だけど異常ではない
  • 全員子宮出身
  • いまここにいることが奇跡
  • ご両親に「生んでくれてありがとう」を、お子さんに「生まれてくれてありがとう」を!

映画「うまれる」は今年11月に公開予定。
8月16日(月)には、すでに第3回のイベントも計画されているのだとか。

 ・映画「うまれる」第3回イベント『家族記念日〜私たちが家族になった瞬間〜』


ぜひたくさんの人に観てもらいたい。


映画「うまれる」〜パパとママを選んできたよ〜
 screenshot

関連エントリ

(おまけ)
 イベント前に、会場2Fにある「お米Café Makiba Style」でランチをとった。
 http://www.makiba-style.com/

 ヘルシーなメニューが数多く用意されていて、お腹も幸せでした。こちらもおすすめ!

追記

当日の模様が、公式ブログにも掲載されていました。興味のある方は
http://www.umareru.jp/blog/2010/05/post-201.html


笑顔写真の中に僕と妻も登場してました!

*1:鮫島浩二さんの著書から

わたしがあなたを選びました

わたしがあなたを選びました