読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

致知手帳を感謝日記に

感情・心理-感謝 習慣
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、スケジュールを PC 上のソフトウェアで管理している。前週の木曜日になると、翌週月曜からの週間スケジュールを印刷して、手元のA5サイズ手帳にもはさみこんで持ち歩いている。


そんなわけで、いわゆる市販の手帳はスケジュール管理用には使うことはなく、去年までは、いただいたり、勤め先で配られたりしたものも使わずに寝かしていることが多かった。


一方、今年はわざわざ自分で手帳を購入したうえに、ほぼ毎日使っている。それが、致知出版社の発行している「致知手帳」だ。毎週のページの上部に、月刊「致知」で紹介された素敵な言葉が載っていてページを開くだけで、プラスのオーラを受けられる気がする。


致知手帳 2010年度版
screenshot


僕は、この手帳をスケジュール管理用ではなく日記として使っている。それも感謝の言葉を集めた「感謝日記」だ。見開きの週間ビューに対して、左ページにはその日あったことや印象的なイベントを、右ページにはそこで出会った方々への感謝の言葉を書き留めている。


2ヶ月半実践してきたページをふりかえってみて思うのが、「毎日、誰かにお世話になっている!」という当たり前の事実と、あんなに感謝したことでも日がたつと記憶からは薄れてしまうという自分の忘れっぽさ。しっかりと記憶しつづけていきたい。

追記

以前、『「手帳ブログ」のススメ』を紹介したときに抜き書きした「週記」というアイデアは、この感謝日記をもとにするとよさそう。