ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

頼まれごとは試されごと

このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷由里子さんの『はじめて講師を頼まれたら読む本』で出会った言葉。

「いやあ、僕はそんな柄じゃないから」
と、断ってしまうのは簡単です。いつでも断れます。
しかし、この講演依頼を受けることで、主催者や聞き手だけでなく、あなた自身やあなたの会社にとってもプラスが生まれます。
 (中略)
そんな成長の機会を逃してしまってはもったいない!
頼まれごとは試されごと」、そう考えて前向きに受けてみてはいかがでしょうか? (p.3-4)


というわけで、3月に開催される講演をお引き受けすることにした。


縁が縁を呼んで巡ってきた機会なので、聴いてくださる方にとって意味のある場にしたい。
また、もう一人の講演者は、僕の尊敬できる友人であり、一緒にこういう場に立てることは個人的にもとても楽しみ。


大谷さんの本には、講演にのぞむ際に「かけてもらいたい言葉」を決めて目標にするとよい、とあった*1。今回の僕の講演では「今の職場でアイデアを実践してみます」という言葉をかけてもらえるよう内容や表現を準備しよう。


もちろん、プレゼン資料はできるかぎり Zenアプローチでシンプルに!


はじめて講師を頼まれたら読む本

はじめて講師を頼まれたら読む本

関連エントリ

話題の『プレゼンテーションZen』、実践してみた(iStockphoto もイイ感じ) - 【ヒト感!!】


プレゼンテーションzen

プレゼンテーションzen

  • 作者: Garr Reynolds,ガー・レイノルズ,熊谷小百合
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2009/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 51人 クリック: 927回
  • この商品を含むブログ (188件) を見る

*1:p.22 「かけてもらいたい言葉」という目標を持つ、より