読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

オーストラリア旅行記(その1):ウルル(Uluru)

感情・心理-wow! よもやま-初体験 よもやま-半径1m 感情・心理 よもやま
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始、家族でオーストラリアへ旅行をしてきた。

機中1泊、現地3泊で2都市をまわる強行軍だったけど、日本にいては体験できなかったことがたくさんあったので、このあと何回かに分けて記録しておきたい。


旅行の一番の目的は、「エアーズロック」とも呼ばれる世界で二番目に大きな一枚岩「ウルル(Uluru)」を直接この目で見るため。登山はしなかった*1が、十分にそのスケールや異空間を堪能できた。


まずはそのときの写真をいくつかご紹介。



(成田からケアンズで乗り換えてコネラン空港へ向かう機中にて)


(ホテルそばからのウルルを臨む)


(サンセット会場から夕焼けにそまるウルル。ガイドさんによれば右の方にある三角形部分に登山道があるらしい)


(夕日もきれい)


(2日目朝、ツアーバスから見た意外な表情のウルル)


(この手で触れてみた)


(登山道には「強風のため登山道クローズ」の文字が…)


(見えている鎖が登山道。すごい角度!)


(登山道そばには「登らないでください」の看板も)


(ウルル麓のMalaウォークで出会ったキッチンケーブ)


(中に入ることもできます。ツアーのお客さんと離れてハイ、ポーズ!)


以前から「エアーズロックに行けたらいいなぁ」と心の中で思っていたのだが、2009年になってから「行きたい場所」としてリストアップして、周囲にも口に出して話す機会が何度かあった。すると意外にも半年も立たない間に訪問することができた。こういうのが想いの力?


今回の旅では12歳の息子にも、いい体験がさせてやれたんじゃないかな。


全世界屈指のパワースポットにて元気をもらうことができました。感謝!

*1:現地アナング族の人たちは宗教上の理由から「登ってほしくない」と考えているそうで、僕ら家族はもともと登らないつもりだった。コンディション的にも強風のためツアーそのものがNGに