ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

強さと知性と愛を備えた生き物

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前紹介した神田&勝間本でもおすすめされていた自己啓発書の古典、ジェームズ・アレン氏の『「原因」と「結果」の法則』(原著名:"AS A MAN THINKETH"*1)を読んだ。


この本が書かれたのは、今から100年以上も前の1902年。その後生まれた数多くの自己啓発書にも影響をおよぼしているのだとか*2


さて、そんな古典のなかで見つけたのがこちらの言葉。

私たちの魂に響くあらゆる美しい真実のなかで、次の真実ほどに私たちを喜ばせるものはありません。そのなかには、私たちに対する神からの信頼と約束が込められています。


「人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である」


私たち人間は、強さと知性と愛を備えた生き物です。と同時に、自分自身がめぐらす思いの主人なのです。


すばらしきものを兼ね備えた存在ではあるものの、それを活かすも殺すも自らの「思い」次第ということだろうか。


この本では、他にも「思い」によって人格、環境、健康、目標、成功が影響を受けることが切々と書かれている。


自らに素敵な影響をおよぼすべく、心して「思って」いきたい。


「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

*1:〜eth は旧い英語の活用語尾で動詞の第三人称・単数・現在形をつくるのだとか

*2:どうりで、毎朝眺めているオグ・マンディーノ氏の『地上最強の商人』にもテイストが似ていると思った