ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

「もしかしたら、あともう一人だけ誰かが声をあげれば…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

買ったままずっと本棚にしまいこんでいた本なのに、ふと読んでみたくなるタイミングがある。

本が自分を呼ぶというか、自分が本に引き寄せられるというか。とにかく、そういう導きがあって読んだ本には心に残るフレーズが多い。


シンクロニシティ』も僕にとってはそんな本だったようだ。


心に響いた箇所はたくさんあったが、それは今後の記事においておくとして、ここではエピローグで見つけた素敵なフレーズのみ抜書きする。

「雪のひとひらの重さはどれくらいかな」シジュウカラが野バトに聞いた。
「重さなんてないよ」ハトが答えた。

 (中略)

「ほかにすることもなくて、ぼくは小枝や葉に舞い落ちる雪をひとひらずつ数えた。やがて、降り積もった雪の数は正確に 374万1952 になった。そして 374万1953番目の雪が枝の上に落ちたとき、きみは重さなんてないと言うけど −− 枝が折れた」
そう言うと、シジュウカラはどこへともなく飛んでいった。

ノアの時代以来その問題に関してとても詳しいハトは、今の話についてしばらく考えていたが、やがて独りつぶやいた。


もしかしたら、あともう一人だけ誰かが声をあげれば、世界に平和が訪れるかもしれない


素晴らしい未来は、あきらめない人の前にのみ現れる、ってことなんだろうな。


シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ