ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

大切なのは“特別な行動”ではなく、相手を“特別に思う気持ち”です

このエントリーをはてなブックマークに追加

アダム徳永さんの『妻を愛する技術』にて見つけた言葉。

大切なのは“特別な行動”ではなく、相手を“特別に思う気持ち”です (p.86)


バラの花を買って帰るなんて気張ったことをしなくても、ふだんの行動のなかで小さな幸せをつかんでいくことはできる、ということ。そのためには、まず特別に思う気持ちをもち、それを恥ずかしがらずに相手に伝えていくってことが重要!


サブタイトルがちょっと刺激的(^^;)な本ですが、「幸せな家族」を思い描いている人には一読の価値ありです。

妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)

妻を愛する技術 ――スローセックスから日常の会話まで (講談社+α新書)


追記:
 他にも気になった箇所がいくつかあるので抜書きしときます。

  • 幸せな夫婦になるために、夫がとるべきリーダーシップとは、妻に対して自分が考える幸せのビジョンを提示することです。(p.28)
  • 幸せな人生を過ごすために最低限必要なものは、目の前にある小さな幸せを、ちゃんと幸せだと感じられる豊かな感受性です。(p.29)
  • 妻に心を開くことで、愛のエネルギーはより逞しく循環するようになるのです。そして愛の力とは不思議なもので、夫がそうすることで、妻も夫に心を開き、夫を信頼し、もっと夫を愛してくれるようになるのです。 (p.117)
  • 今すぐ“理想の夫”になれなくても“覚悟”は今からできる。(中略)妻を愛してください。妻を愛することから男の幸せはスタートします。(p.189)