ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

「悩む」と「焦る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

すこはるかさんのblogにて、「悩む」の定義を発見。

あーでもない。
こーでもない。

という感覚。

これって、いったいどこから来るんだろう。

おそらくですが、やはり周りの人の気持ちを気遣ったりすると、
こういう風になりがちな気がします。

だって、自分の中に答えがないから。

自分の中で答えを出さないままに、他人の目に意識がいってしまい、考えがループするってことか。

なるほど。


で、その解決策。

「どうしよう」と迷い悩んでいるときは、 1)今できることをとりあえずやってみるか、 2)すべてのパターンをシミュレーションしてみるか、 どちらかにエネルギーを集中させるとだいぶすっきりします。
こちらにも激しく納得。 で、これを読んで「焦る」も同じことのような気がしてきた。 今やるべきことがすべて把握できていないまま、まわりの目が気になるので、心がジリジリするのだろう。 すべてのやるべきことをリストアップしたうえで、重要度と緊急度から実施順(人にお願いするも含めて)を決めてから1つずつやっていけば、ゆっくりだけど確実にゴールに近づいていくはず。