ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

過去と相手は変えられないが、自分と未来は変えられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

月刊致知 2007年2月号で見つけた言葉。
内容について100%賛同するし、七・七・七・五調の語呂もよい(笑)。


語り手は、京都市教育長の門川大作さん。


向山洋一さんとの対談記事のなかで、門川さんが繰り出す表現には「おぉ!」と思うものがいくつもあった。

  • (行政と学校が)一緒に汗をかく「共汗関係」
  • 日々の生活の中で地域社会との触れ合いを増やす「人間浴」
  • 「手は縛れ。目と耳と口と足で仕事をしよう」(報告書作成に時間を費やす先生方に対して)
  • 形というのは“型の知(血)”ですから、型を学んでそれに自分の知恵や血液を入れるんです
  • 経済の格差、進路の格差よりも、感性や志の格差が気になる
  • 大事なのは立ち向かう楽観主義

このことば選びのセンス、好きだなぁ。