ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

『モモ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

はてしない物語』(=ネバーエンディング・ストーリー)の著者ミヒャエル・エンデのこれまた有名な小説。
タイトルだけは何度も耳にしていたものの手に取ったことがなく、先週ある人からおすすめされたのをきっかけに読んでみることにした。


買ったのは、岩波少年文庫(!)から出版された2005年の新訳版。
表紙の絵も(挿絵もすべて!)エンデが描いたものらしい。

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))


昨日から読み始めていま第7章。灰色の男たちが登場した世界で、子どもたちは…、とドキドキさせる展開。
それにしてもストーリーテリングがうまいなぁ。

おまけ

Amazonのカスタマ・レビューを読むと、大人の男性からも満足している人が多いようだ。