ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

人間は息をひきとるまで生涯をかけて、私を認めてくれ、私を認めてくれと、声なき声で叫びつづける可憐な生き物なのだ

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷沢永一さんの『人間通』にて見つけたフレーズ。

人間が生涯をかけて最も強く追い求め欲しがるものはなにか。詰まるところはただ一筋、自分が世間から少しでも高く認められる評価である。(中略)人間は息をひきとるまで生涯をかけて、私を認めてくれ、私を認めてくれと、声なき声で叫びつづける可憐な生き物なのだと思われる。
(中略)
藝術にかぎらず人間の為すところ願うところのすべて、それは自分が成就した事柄の見せびらかしである。頼まれもせぬのに誰が人のため辛い苦労をするものか。すべては己れをむりやり世に押しだして、さあ注目してくれ仰ぎ見てくれと讃嘆を強制する我意(エゴイズム)である。政治家が権力をもって人間の行動を操作するのと同じように、藝術家や思想家や宗教家は表現力をもって人間の精神を支配する。この世に無視の貢献などありえない。すべては支配する者との相関関係で進行している。美を産み出す精進は、実は評判の波を広げたい名声餓鬼の執念なのである。(p.41-42)

カーネギーの『人を動かす』とも近い人間観で、僕としてはすんなりと賛同できる。
それにしても、「すべては見せびらかし」と言い切っているところが気持ちよいなぁ。


人間通 (新潮選書)

人間通 (新潮選書)

僕が古本屋で見つけて買ったのはこちらの版。


今は文庫版もあるようだ。

人間通 (新潮文庫)

人間通 (新潮文庫)

内容には「毒」がありまくりなのに、カバーはかわいすぎ?(笑)