ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

ため息と笑いに共通するものは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

まったく性質・性格の異なる2つのことの共通点を想像するのは楽しい。
そのつながりに意外性があり、なるほど!と思えればなおさらだ。


最近読んだ本に書かれていた、こんな「つながり」が印象に残った。
雰囲気を伝えたいので、ちょっと長めに引用。

余談ですが、ため息ってみんなハ行です。
「ハァ〜」「ヒィ〜」「フゥ〜」「ヘェ〜」「ホォ〜」
でもね、もし今度、そんなため息をつきそうになっちゃったら、途中から自分をだまして、笑いに変えてみてください。たとえば「ハァ〜……、はははハハハ〜!」とかね。


そう、笑いってのも、じつはみんな「ハ行」なんです。
「ははは、ひひひ、ふふふ、へへへ、ほほほ」


ちなみに、これに母音をつけると、さらに念が入った感じになります。

「あはははは、
 いひひひひ、
 うふふふふ、
 えへへへへ、
 おほほほほ」


人間ってのは面白いもんで、こんなことを考えてるだけで、お腹の底がモゾモゾして、愉快な気分になってくるもんですな。ため息ついていた貧乏神さまにも教えてあげたい!

出典は『渡したい本がある 君のために。』。
書店「読書のすすめ」の店長で、NPO法人 読書普及協会理事長の清水克衛さんの本。


上の文章は、【びんぼう神様さま】の紹介ページにあります(p.121)。

渡したい本がある君のために。―成功と幸せが集まってくる「読書のすすめ」

渡したい本がある君のために。―成功と幸せが集まってくる「読書のすすめ」

関連リンク