ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

僕が一番欲しかったもの 〜 人生の最後に聴きたい曲

このエントリーをはてなブックマークに追加

家族と一緒に何気なく聴いていた CD のなかで、妙に心にひびくストーリーに出会った。


素敵なものを見つけても、自分より必要としている人に気がついて、それを譲ってしまう主人公。
1度だけでなく何度も何度もそんなことを繰り返し、ふと気がつくと自分には何も残っていない。


自嘲気味に嘆きたくなる気分で、今まで来た道をふりかえってみたら…。

♪僕のあげたものでたくさんの
 人が幸せそうに笑っていて
 それを見た時の気持ちが僕の
 探していたものだとわかった

 
 今までで一番素敵なものを
 僕はとうとう拾う事ができた♪


この詩を書いたのは槇原敬之さん。曲は『僕が一番欲しかったもの』。


この世界観。なんだか、いい。


僕が一番欲しかったもの

僕が一番欲しかったもの

僕が一番欲しかったもの

僕が一番欲しかったもの

  • 槇原敬之
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes




アルバム『EXPLORER』の12曲目(ラスト)にも収録されている。
(我が家にあるのはこちら)

EXPLORER

EXPLORER

追記

検索してみると、こんなフラッシュ作品もあるようだ。
http://www.geocities.jp/ejisonlove/bokunotaisetunamono.html


歌詞全文はこちらから。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND19123/index.html