ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

アレクシシミア/アレキシサイミア

このエントリーをはてなブックマークに追加

思うところあり、去年9月に読了した『心で感じる女 腹で感じる男』を再読中。


本書では、(特に男性が)感情を表現することへの社会的、文化的な偏見について示されている。その結果、子ども時代から感情を隠し、不安を表に出さないようになるし、大人になってもその習慣は変わらない。


紹介されている42歳のジムさんもこういった例。中学時代の学園祭投票で選にもれて以来、悔しいことがあっても「平気、平気、なんともないさ」で通してきた。この心理状態を「アレクシシミア」*1といい、重症の人になると大きなダメージをもたらすのだとか。

アレクシシミアの定義

本書で引用されていた3つの定義はこちら。

感情を表現したり、認識することが困難なこと。表現や仕草、または行動でしか、感情を表せない人に対して使われる言葉。

感情を閉じ込め、空想する能力が衰え、感情を明確に表現できなくなっていること。

アレクシシミアの人は、自分の感情を表す言葉を知らない。他人から見ると、まったく感情が欠落しているように見えるが、実は感情がないのではなく、表現できないだけだ。

※この用語は Googleでさぐってみたところ、言語のつづりは "alexithymia" で、日本語では「アレキシサイミア」として紹介されることが多いようだ。(アレクシシミアではほとんどひっかからない ;-)


ひとまず、メモ。

おまけ

同書のなかで見つけたフレーズ。なんだか気に入った。

幸福な人生を送れるかどうかは、その人が何を知っているか以上に、何を感じるかにかかっている。
 ──リバティー・H・ベイリー(植物学者・園芸家)


心で感じる女 腹で感じる男

心で感じる女 腹で感じる男

*1:ギリシア語で「感情を言葉で表現できない」という意味