ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

人とつながりながら、徹底して生きづらくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

BIG ISSUE vol.50(!)の特集は「今、日本という社会で生きること」。
p.14 に掲載されている貴戸理恵さんのインタビューに興味をもった。


貴戸さんは、『不登校、選んだわけじゃないんだぜ!』の著者。小学1年生の途中から5年半の不登校の経験をもつ。現在は、東京大学大学院修士課程に在籍中。

「人とつながりながら、誇りを持って、徹底して生きづらくなる必要が私たちにはあるんじゃないか。『安心して、生きづらくなってくれて大丈夫。ひとりぼっちじゃないからね』って心から言える社会をつくっていくこと。それが後から続いてくる世代のための、言葉は重いけど、私たちの責任じゃないかって思ったんです。」

僕自身は(息子も)「不登校」という経験はないのだが、その状況にいたる苦しさ、もどかしさは想像できる。


「つながりながら、生きづらく」というのはやや矛盾する表現だが、そういう身体のバネをつくる期間が必要だってことなのかな。


不登校、選んだわけじゃないんだぜ! (よりみちパン!セ)

不登校、選んだわけじゃないんだぜ! (よりみちパン!セ)

トーハンの運営するe-hon.ne.jpで6ページだけ立ち読みできる。
http://www1.e-hon.ne.jp/content/photo_4652078072_01.html