ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

『ズッコケ中年三人組』/那須正幹

このエントリーをはてなブックマークに追加

妹からプレゼントしてもらった本。なつかしくって一気に読んだ。たまにはこういう小説もいい。

2015年発行(予定?)の「熟年三人組」にも期待!

ズッコケ中年三人組

ズッコケ中年三人組

(装丁:大森裕二、原画:前川かずお、作画:高橋信也)<bk1

おまけ

3月16日の朝日新聞土曜版「be on Saturday」に、ポプラ社社長の坂井宏先(ひろゆき)さんがズッコケ三人組シリーズを担当していたときのエピソードが載っていた。ちょっと長いけれど引用しておく。

92年、「ズッコケ三人組」の挿絵を担当していた前川かずおさんが、刊行直前に急性白血病で入院した。人気絶頂期で、初版は発売日に完売。刊行が遅れると「買いに来た子どもが店先で泣いている」と書店から苦情が来ていた。
別の人気シリーズで、1年中断したら、全く売れなくなった経験がある。間が空いたら忘れられる。悩んだ末、知人の画家に似せて描いてもらった。
前川さんは面会謝絶。画家の代打を認めてくれるよう、妻の澄枝さんに伝言を頼んだ。が、「画家を代えるなら別シリーズにしてほしい、というのが夫の考え」と澄枝さんは反発した。
それでも「子どもたちが待っているんです」と訴えた。伝言を聞き、前川さんは了承する。「あの言葉に負けました」と澄枝さん。年末、刷り上った新刊を持って、一時帰宅中の前川さんを訪問し、頭を下げた。半月後、前川さんは亡くなった。
「あのとき、『ズッコケ』を中断させていたら、私はほかの仕事でもダメになっていた」と振り返る。

『ズッコケ中年三人組』の裏表紙には、前川さんが92年に描いた花山第二小学校 六年一組全員の顔が載っている。