ヒト感!!

人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!

【まとめ】『ネットコミュニティの設計と力』各章執筆者のオススメ 16冊

『ネットコミュニティの設計と力』に関するエントリ 第4弾。今月開催中のオンライン読書会、来月のリアル読書会Meetupが終わるまで、角度を変えつつ本書を読み込んでいきたい。さて、角川インターネット講座シリーズには、本文中に「ブックガイド」と呼ばれ…

【こぼれ話的メモ】THE SALON『ネットコミュニティの設計と力』リアル講座に参加しました

8月に発売された『ネットコミュニティの設計と力』が面白く、何度も読み返している。 (角川学芸出版全集)" title="角川インターネット講座5 ネットコミュニティの設計と力 つながる私たちの時代 (角川学芸出版全集)">角川インターネット講座5 ネットコミュ…

「よければ一緒に そのほうが楽しい」

ふとした偶然で出合った曲。 歌詞がとっても素敵で、タイトルのフレーズが強く印象に残った。 KAN 「よければ一緒に」 YouTube にフルバージョンのPVがアップロードされていたので、まずはこちらを…。 この曲は、2010年2月に発売された KAN の32枚目のシング…

SNSには、互いに黙って囲めるテーブルがない!? 〜『情報の「捨て方」』より

BS日テレの「久米書店」、9月20日放送回を観た。 この日のゲストは成毛眞さんで、新刊『情報の「捨て方」』について久米宏さん・壇蜜さんと3人で語り合っていた。情報の「捨て方」 知的生産、私の方法 (角川新書)posted with ヨメレバ成毛 眞 KADOKAWA/角川…

刺激を求めず、「批判のダイエット」を! 〜『脱批判のススメ』より

ふと目に飛び込んできた文章を読み、「そう、そう!」といつの間にか引き込まれる。そんな経験はないだろうか? つい先日、たまたま目に入ったキーワード「脱批判のススメ」に誘われて訪れたブログで、そんな出合いがあった。 見つかりました! 小金井書房ブ…

決意・覚悟・見せたい背中 〜『ぼくつま20』を読んで

ICHIROYA 和田一郎さんの新刊『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』(略して、ぼくつま20)を読みおえた。僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語 (自分のビジネスを始めたい人に贈る二〇のエピソード)作者: 和田一郎出…

【10月1日から開始!】CMC読書会『ネットコミュニティの設計と力』

今年8月に出版された『ネットコミュニティの設計と力』、帯に書かれた「人で賑わう「場」はいかに生まれるのか」のフレーズについて考えさせられる視点がいくつも提供されていて面白い。 ※僕が個人的に気になった箇所は先日のエントリにまとめている。 オン…

「静かに、かつ鮮やかに一歩を踏み出せ」 〜『生き方、すこし変えてみないか』より

はてなブログの今週のお題は「人生に影響を与えた1冊」とのこと。 ここ2週間 twitterで話題になっていた「本棚の10冊で自分を表現する」というハッシュタグがあったが、はて、このお題は狙ってなのか偶然なのか(笑)。(僕も、前回エントリで10冊を選んでみ…

【やってみた】「本棚の10冊で自分を表現する」、今はこんな感じ

twitterで話題になっていた「本棚の10冊で自分を表現する」を、自分でもやってみた。今ならこんな感じかな、と。 以下、左上から時計回りに…。 (ひとまず、手短に書名+一言で) 自分を表現する10冊 『セクシープロジェクトで差をつけろ!』 トム・ピーター…

反応に弱い生き物? 書き手>読み手? 〜『ネットコミュニティの設計と力』より

はてな広報ブログの記事で知り、テーマがドンピシャだったので即買いしたのが『ネットコミュニティの設計と力』。 豪華な執筆陣の顔ぶれをみて楽しみに読んだら、期待していた以上に面白くて、テーマに関係しそうな人にオススメしている。今後、日本のコミュ…

「引用」から新しいナニカが生まれるのか? 〜「引用スター」への期待

引用に関するリリース ここ最近、はてな から「引用」に関する機能が立て続けに発表されている。 1つ目の記事中にもあるように、はてなブログのトップページに「新着フレーズ」というコーナーも追加された。 はてなブログ全体で「引用をストック」機能を利…

【小学生・中学生のお父さんへ】おすすめ子育て本 5冊

前回エントリに続き「父親」関連の投稿を…。 今月初め、中高生向けの本を5冊紹介したのが好評だったので、今度は【小中学生の子をもつお父さん向け】の本を紹介してみたい。 関連本のなかから、わが家の子育てに影響を与えた(そして、今も与え続けている)…

『書斎の鍵』を読んで「ブックルネサンス」運動に加わろう!

友人に勧められて、喜多川泰さんの『書斎の鍵』を読んだ。別のエントリを書きかけていたのだけど、この本がすこぶる素敵だったので先にご紹介したい。書斎の鍵 (父が遺した「人生の奇跡」)作者: 喜多川泰,「元気が出る本」出版部出版社/メーカー: 現代書林発…

カテゴリー見直し&パンくずリスト対応(途中?)

以前のエントリで、こんな風に書いていたのだが… 気がつけば、昔のブログから引き継いできたカテゴリがごちゃごちゃしてきたので、その他にも整理・統合を検討中。 カテゴリを整理するついでに少し構造化もさせて、以前から気になっていた「パンくずリスト」…

2031年に思いを馳せて 〜ハタチ基金でともに応援

今日は、戦後70年目の終戦記念日。 新聞・テレビでは、過去をふりかえる文章や番組が報道されている。 そんななか、僕は先日届いた報告書を読んでいた。 「2014年度ハタチ基金活動報告書」だ。 ハタチ基金とは? 公益社団法人 ハタチ基金 東日本大震災発生時…

『ソーシャルメディア進化論』読書会、はじめました【CMC読書会06】

武田隆さんの『ソーシャルメディア進化論』。今から4年前の2011年に発刊された本ながら、最近よく話題になる「コミュニティマネージャー」的な役割(肩書き?)について参考になる考え方が記述されている。 (企業が運営するファンコミュニティについての事…

【読書感想文にいかが?】中学・高校時代の自分に読ませたい本 5冊

今朝の新聞で「読書感想文」という文字をみつけ、「そういえばここ数十年書いてない。あれ、苦手だったなぁ…」と甘酸っぱい記憶が蘇ってきた。 父親が大の本好きだったので実家の本棚には歴史小説をはじめ多くの本があった。にもかかわらず、僕自身は 20代後…

「いい人募集。」が響く理由

ここ最近、「いい人」の地位低下が激しい。 巷には、こんな言葉が並んでいる。 もう、いい人をやめなさい いい人は「都合のいい人」 いい人にはなるな 「彼、いい人なんだけどね…」 etc. 「Good」は「Great」の敵である、という言葉もあり、「いい人」受難の…

【レポート】『ゆっくり、いそげ』オンライン&リアル読書会を開催!

先月、facebook上で 1ヶ月間の オンライン読書会を開催した。 開催母体はコミュニティマネージャーズ・コミュニティ(CMC)で、「コミュニティ運営のヒントを本から学ぼう」という趣旨で隔月開催している読書会だ。 課題図書は『ゆっくり、いそげ』 今回課…

【お知らせ】「読書会」カテゴリ、つくりました

最近、読書会に参加したり、企画・運営にたずさわったりすることが多くある。そんなわけで、このブログにも読書会について投稿することが増えてきた。 そこで、ブログの「本」カテゴリから「読書会」を独立させることにした。 本-読書会 カテゴリーの記事一…

愛、体温、ネットの感じ 〜これからの「コピーライター」に必要な素養!?〜

愛だろ、愛っ。 ウクレレをつまびきながら永瀬正敏さんがこう語っていたのは、サントリー・ザ カクテルバーのCM。20年以上前だけど、このコピーはしっかり記憶している*1。 昨日参加したイベント*2は、長谷川哲士さん(@aseetsu)、ヨッピーさん(@yoppymode…

先週の「今週のお題」の花の名前は…?

君がおしえてくれた 花の名前は… 尾崎豊が心をふりしぼるように歌っていた「Forget-me-not」は、かれこれ30年も前の曲になる。 あの曲で歌われていたのは「勿忘草(わすれなぐさ)」だったが、この写真はまた別の花だ。なんという花かは、本エントリの後半で…

「自己を知り、自己に徹しよう」でつながった! ~『道は開ける』×『ストレングスリーダーシップ』

先日、一般社団法人 人間塾主催の「『道は開ける』に学ぶ読書会」に参加した。 本書は、デール・カーネギー氏の代表作のひとつで、『人を動かす』に次いで読まれている有名な本だ。テーマは「悩みの実態とその克服法」であり、さまざまな種類の悩みについて…

コミュニティマネージャー同志が語りあう価値。そして次へと続く道 ~ CMCミートアップ2015June 開催しました #cmcjp

6月16日に開催した“CMCミートアップ 2015 June「CMXSUMMIT Eastに学び、語ろう」”。平日夜にもかかわらず、40人以上の方が参加して、盛況におえることができた。(ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!) 今回、株式会社メンバーズさんがイベ…

ヴァイオリン&ギターの響き in クルミドコーヒー 〜星野沙織さんと橋本翔太さん

前回エントリで「気になる」と書いた、西国分寺のクルミドコーヒーを訪問してきた。 http://kurumed.jp/目的は2つあって、1つは クルミドコーヒーのお店そのものを体験すること。 そして、もうひとつが「音の葉コンサート 公開練習」を聴きにいくことだ。6…

『ゆっくり、いそげ』を読み、語り、味わう会~【CMC読書会05】はじめます

ここ最近、西国分寺のクルミドコーヒーがとても気になっている。 → こどものための、大人の物語 - KURUMED COFFEE 5月初旬のコミュニティマネージャーを語る会(CMCミートアップ)で、クルミドコーヒー店主 影山知明さんの話題になり、その著書『ゆっくり、…

『君たちはどう生きるか』の“叔父さん”が語った、ドキッとする言葉たち

一度は読んだはずなのに、再読すると見事に忘れていて、新鮮な感動に身震いする。 吉野源三郎さんの『君たちはどう生きるか』は、そんな読書体験が得られた本だった。 『君たちはどう生きるか』 君たちはどう生きるか (岩波文庫)posted with ヨメレバ吉野 源…

子どもの想像力を刺激しまくる、 「ぬいぐるみお泊り会」が素敵!

Facebookグループ「子供によい本を伝えよう♪」で教えてもらい、初めて知ったのが「ぬいぐるみお泊まり会」という企画。 Googleで画像検索すると、楽しそうな写真がたくさん出てきて、見ているこちらがニコニコしてしまう。 ぬいぐるみお泊り会 - Google 検索…

少し思い出してみた。

今朝、新聞を読んでいて、目が止まった広告。 前半に、みみママさんの応募作品が載っていてそちらも素敵だったが、僕の心にひっかかったのは後半のこのメッセージ。 今日、少し思い出してみませんか。 やわらかくて小さないのちを、抱きしめた日のことを。 …

『生き心地の良い町』オンライン読書会、開催しました! ~ 【CMC読書会04】

以前お知らせした、コミュニティマネージャー向けのオンライン読書会を開催した。 「強い絆」は重すぎる!? ~ 『生き心地の良い町』オンライン読書会、始めました - ヒト感!! 2015年4月の一ヶ月をかけて、課題図書『生き心地の良い町 この自殺率の低さには理…

青山BC工房で「座面リバイバル」進行中 →素敵に仕上げていただきました!

先日紹介した、BC工房の椅子たち。キモチがやわらかになる?BC工房の椅子たち - ヒト感!! 写真手前右にある「かろやかスツール」の座面の毛が抜けてきたので、修理をお願いしに青山BC工房へ行ってきた。 銀座線 外苑前駅を出て、通称キラー通りを北へ。 青山…

はてなブログの「記事上」ソーシャルパーツをコンパクトに!

GWなこともあり(!?)、ブログのカスタマイズをやってみた。 記事上にコンパクトなソーシャルパーツを! 今回手を入れたのは、エントリタイトル&カテゴリ下の部分。 図の赤枠で囲ったところに、コンパクトなソーシャルパーツを配置した。 はてなブログでは、…

キモチがやわらかになる?BC工房の椅子たち

先日、自宅に1通の茶封筒が届いた。 開けると、なかには小冊子と1枚のお手紙が…。 「2015年4月 BC工房ファンの皆様へ」勝手に、ファンなどと言って申し訳ありません。 (略) 今年も新しい小冊子を作りましたので、送らせていただきます。 毎年、あがき苦…

「貧しきリチャードの暦」から103の名言を集めて演説しても… 〜フランクリン『富に至る道』

「千里の道もひと足ずつはこぶなり」これは、我が家の日めくりカレンダーに書かれていた、今日の言葉。 (ちなみに、言葉の主は宮本武蔵!) 一体いつ頃から、カレンダーにはこんな格言や名言が書かれているんだろう?いま読んでいる『フランクリン自伝』に…

黒子の喜び ~コミュニティマネージャーは舞台に出るか?~

BS日テレの「久米書店」をご存じだろうか。 久米宏さんと壇蜜さんが店主&店員に扮した書店に、話題の本の著者を招くトーク番組だ。(毎週 日曜18:00~18:54放送) 外山滋比古さんの『知的生活習慣』 4月5日放送では、『知的生活習慣』の著者・外山滋比古さ…

妙に気になる女性アナウンス、横浜市営地下鉄の【あの声】は誰?

電車内でふと聞こえてきた音に、ハッとすることはないだろうか。 僕は音に敏感なようで、何かに集中しているつもりでも、つい耳を奪わてしまう瞬間がある。いまから1ヶ月半ほど前に、「おや?」と気になって、こんなことをつぶやいていた。横浜市営地下鉄、…

春を感じるとき。それは…

今週のお題特別編「春を感じるとき」。僕にとって、それは、草木や花の成長を感じた瞬間だ。 気づいたときにスマホで撮り、Instagramにアップしていた写真を並べるとこんな感じ。 桜がチラホラのとき、咲き誇っていた菜の花たち カシワバアジサイの芽吹き 桜…

学習高原(プラトー)を乗りきる秘訣/『達人のサイエンス』に教わったこと

昨日、ICHIROYA和田さんのブログで「成長曲線」についてのエントリを読んだ。 成長曲線と学習高原(プラトー) 読みながら思い出したのが、6年前に勤め先の新入社員 約80人の前で話をしたときのこと。職場に配属されて4ヶ月たった彼らをフォローアップするた…

「強い絆」は重すぎる!? ~ 『生き心地の良い町』オンライン読書会で学んだこと

「絆は強い方がいいのだろうか?」そんなことを考えさせてくれたのが、岡檀(おか・まゆみ)さんの著書『生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある』だ。 『生き心地の良い町』 生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由(わけ)がある作者:…

Milliard プラグインを設置して気づいた 3つのこと

最近ブログでよく見かける「Milliard」という単語、 その意味がパッと答えられるだろうか?かくいう僕は、このエントリを書きはじめるまで知らなかった(笑)。 ……もとは「10億」をあらわすイギリス英語なのだとか。 Milliardとは? で、いま話題になっている…

exiii の handiii がカッコイイィ!

(この近未来的な感じは、なんなんだ?) 昨日、Facebook でふと見かけて、目が釘づけになったのがこちらの記事。【義手だからこそ掴める未来がある】GIC... - NPO法人Mission ARM Japan | Facebook 紹介されていたイクシー株式会社(exiii Inc.)のCEO 近藤…

「死ぬのは怖いですか?」への塩沼亮潤 大阿闍梨の答え 〜 SWITCHインタビュー達人達 より

Eテレの「達人達」という番組をご存知だろうか? 僕はこの番組のためにNHK受信料を払っていると言ってもいいかもしれない(いや、ちょっと言い過ぎ。他にもEテレ、総合の両方に気になる番組がある 笑)。以前(「人」から学ぶためのテレビ番組 7本)を書いた…

つながることで世界を変えられる生き物 ~ Meetup's mission より

最近よく耳にする「ミートアップ」という言葉。 “ネット上で参加者を集って企画する会”って意味で、「イベント」や「オフ会」「オフミ」*1と同じように使われている。 この言葉を広め、定着させたのがニューヨークにある Meetup社。 Find your people - Meet…

移動しました

URL修正のため、記事本体を移動させました

ひさびさに弾いた CRAZY G (演奏解説動画&ウクレレ記法説明 付き)

土曜日の午後、作業の合間に「そういえば、最近さわっていないな…」とケースから取り出したのがこちら。 ハワイ・オアフ島のメーカ Kelii 製のパイナップル型ソプラノウクレレだ。*1 (サウンドホール内のラベルに、パイナップルの絵が!) 定番曲 CRAZY G …

「六方礼拝(ろっぽうらいはい)」と「今この瞬間!」

いろいろあってモヤモヤしていた時、傍らにあった致知2015年3月号をふと手に取った。そこで目に止まったのが、アルボムッレ・スマナサーラ長老*1の記事。 お釈迦様が人々に生きる道を説かれる時は、常に言葉の定義を明確にされました。そして仏教的な成功と…

息子と僕のMilk&Bitter / Goose house #goose7

(彼がMilkを、僕がBitterを) Goose house の新しいアルバムが、2月25日に2枚同時リリースされた。 その名も Milk と Bitter。パッケージも対照的な色使いで、2つ並べるとすごくきれい。Milk(初回生産限定盤)(DVD付)アーティスト: Goose house出版社/メーカ…

ICHIROYAさんからのメッセージ~『僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと』を読んで

友人のFacebook投稿で知ってから読むようになった「ICHIROYAのブログ」。 アンティーク着物のオンライン販売サイト ICHIROYA の店主、和田一郎さん(id:yumejitsugen1)が書いておられる*1。取り上げるテーマと小気味いい文章スタイルが好きで、今ではちょっと…

説明力と人生学

3月22日、友人ふたりがタッグを組んだイベントが開催される。 <伝える勇気と伝える技術>―人生学講座と説明力養成講座のコラボ講座― https://www.facebook.com/events/775235882561950 キーワードは「伝える勇気」と「伝える技術」。 伝える勇気を持つと、…

『やりきる技術』を再読して決めた、3つのやめること

小倉広さんの『やりきる技術』を3年ぶりに再読した。やりきる技術―最高のパフォーマンスを生み出す仕事のきほん作者: 小倉広出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2012/05/16メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 9回この商品を含むブログを見…