ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

○○の生き物

人間とは、つまるところ社会的な動物である。

調子にのって、もう1エントリ。『熱狂する社員』の10章「連帯感を強める − チームワーク」(p.239)より。 人間とは、つまるところ社会的な動物である。他者と共にあるという帰属意識や他者と助け合う喜びに見られるように、健全な人間が集団を構成し、生活…

「人は忘れる生き物です」

いま話題の『「手帳ブログ」のススメ』にて発見。ひょっとして、このblogのためにわざと入れておいてくれたのではないかと思うほど、ぴったりのフレーズ(笑)。いただきです。 人は忘れる生き物です。「これは覚えておこう」と心に誓っても、すべてを覚えて…

「人は“快”に向かって動く生き物だ」

『図解 安岡正篤の行動学』の p.68 に以下の記述を発見。 さらに安岡は、人・組織・国などの動きの根底を『孫子』の「軍争編」で指摘する。 「兵は詐を以って変を成すものなり。故にその疾きこと風の如く、その徐かなること林の如く、侵略すること火の如く、…

「人間は、脳をたいへんよく使う生き物だ」

先週受けた研修にて聞いた言葉。若いときほど睡眠が必要だ、っていう話のなかで、なぜ赤ちゃんがたくさん寝るのかという話が出てきた。日々新しい刺激や覚えることが多くて脳をたくさん使っていると、その分だけたっぷり脳を休めないといけないからなんだと…

「人間というのは習慣の動物ですから」

青春大学学長の玉村静一郎さんの言葉。致知 2006年5月号 p.51 より。 −− いま振り返られ、がんや倒産には玉村さんの人生にとってどんな意味があったと思いますか。 玉村 人間というのは習慣の動物ですから、粗食がいいとか、経営者は従業員を大切にとか、い…

人間は太陽の下で生きるもの

昨日の夜中、偶然つけたテレビに真剣な表情で語るある男性の顔が大映しになっていた。 話していたのは、夜回り先生こと水谷修さん。昨年11月に放送されたETV特集「生きていてくれて、ありがとう 〜夜回り先生・水谷修のメッセージ2〜」の再放送だった。 今回…

人は高温・高圧にしたがる生き物だ

ほんとに、よく設定がかわる。 ビックリするのでやめてほしい(笑)

人は月・金に髪を切りたくなる生き物だ!?

今日の夕方、近所で仕入れてきたネタ。“10分の身だしなみ”で有名となったQBハウスでは、平日のうち月曜日と金曜日にお客さんが多く入るそうだ。僕のカットをしてくれたSさんは何店舗かを経験しているらしいが、「不思議とどの店でもそうなんです」と教えてく…

「人間は褒められて初めてその気になる生き物だ」

いま読んでいる『熱狂する社員』p.121より。管理職が無関心だと、社員に失望と消極性となって返ってくる、という記述のなかに登場。熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素 (ウォートン経営戦略シリーズ)作者: デビッド・シロタ,スカイライ…

001:「感情の生き物」とは?

「人は感情の生き物だ」という持論についてあらためて考えてみたい*1。このフレーズは、「人の思考や行動は、よくもわるくも感情に左右されるものだ」という意味をもっている。すなわち、ポジティブとネガティブ、両面での解釈が可能だ。まずはポジティブ・…

人間は、羽のない二本足の動物

…といったのは哲学者プラトンで、これに対して、羽根を抜いたにわとりを見せ、「これが人間か」と言って反論したのがディオゲネス、らしい。ん〜、よくわからん論争だ。

人は感情の生き物なんだなぁ

ぴったり同じフレーズを見つけた。 人は、自分の価値観に合わないとすぐに人を嫌いになります。 曰く「あいつはでしゃばり」「目上の人に対する口のききかたがなっていない」「なれなれしい」「お調子」「言い方がキツイ」などなど これは、私の捉え方の特性…

ゼイガルニク効果 - 物足りなさが次を呼ぶ!?

ずいぶん口にしづらい名前(笑)だけれど、なかなかに深みのある言葉。 会話が盛り上がっているところで、「そろそろお暇いたします」とあなたが言えば、どうなるか。きっと、相手は“物足りなさ”を感じるに違いない。もっとお話をしたいという気持ちが強いか…

「人間は私利私欲の生き物だ」

■今の仕事をしていく上での喜びと、逆に難しい点は? 「貢献」という言葉が自分の中でキーワードになっています。もっとも以前はこの言葉を信用していなかったのです。人間は私利私欲の生き物だから、貢献などというものはありえないと考えていました。とこ…