ヒト感!!

「人は感情の生き物」だから、人生をハッピーにするヒト・モノ・コトバを広めたい!

はてなブログ グループ「読書会」をつくりました

f:id:hito-kan:20170226200645j:plain

はてなブログ グループ「読書会」

自分で主催するもの、あるいは参加するものを含めて、ここ最近「読書会」に関わる投稿をすることが多い。


というわけで、はてなブログ グループに「読書会」を作成してみた。
(「はてなブログ グループ > 趣味 > 読書」のサブカテゴリ)

読書そのものではなく、読書会についてのエントリを集めるグループです。開催記録や参加レポート、読書会運営のTipsなど、読書会について書いたときに紐付けてください。


特に告知はしてなかったけれど、すでに何名かの方が使ってくださっている(感謝!)

はてなブログを書いている人で、読書会を開催している方、参加してきた方は、ぜひ活用してください。

「言葉は最高の食料なのです」 〜『調理場という戦場』より

誰かの発した一言に、耳がピクッと反応し、頭にこびりついて離れなくなる。

先日、本好きが集まるオフ会でそんな体験をした。

斉須政雄さんの『調理場という戦場』

「言葉は最高の食料なのです」

このフレーズは、フレンチレストラン コート・ドールの斉須政雄さんが著書『調理場という戦場』に書いているのだという。


さっそく本を書い、探したところ「東京 コート・ドール」の章にその言葉はあった。

続きを読む

【はじめます!】佐渡島庸平さんの『ぼくらの仮説が世界をつくる』読書会

1月に感想を書いた佐渡島庸平さんの『ぼくらの仮説が世界をつくる』。

この本を、コミュニティ運営者が集う【CMC読書会】で課題図書としてとりあげ、1ヶ月間かけてディスカッションすることにした。
bokuranokasetsu.com

CMC読書会15『ぼくらの仮説が世界をつくる』

f:id:hito-kan:20170201082208j:plain:w450

・課題図書:『ぼくらの仮説が世界をつくる』(著者 佐渡島庸平さん)
・期間:2017年2月1日〜2月28日
・形態:facebookグループ【CMC読書会】上でのオンラインディスカッション

続きを読む

「眠っている魂をゆり動かし、これを呼び醒ます」 〜『修身教授録』より

先日参加した読書会 人間塾in東京で、森信三さんの『修身教授録』を読んだ。

森信三先生の『修身教授録』


第1回読書会でも課題図書としてとりあげられていた本書が、5年後の今回(第60回)の課題図書となり、ひさびさにじっくり読むきっかけになった。

今回読んでいちばん響いたのは「第34講 国民教育の眼目」に登場する次のフレーズ。

真の教育というものは、単に教科書を型通りに授けるだけにとどまらないで、すすんで相手の眠っている魂をゆり動かし、これを呼び醒ますところまで行かねばならぬのです。


口でいうのは簡単だけれど、
「眠っている魂をゆり動かし、これを呼び醒ます」
を実践するのは生半可なことではない。


教師だから、上司だから、親だから…
そんな「立場」だけでは到底ムリなことで、その人の本気度が試されてしまう。


信三先生は、上の言葉に続けてこんな風に語っている。

続きを読む

「このブログについて」(about)を更新しました

利用している「はてなブログ」の仕様がいつのまにか変わり、about ページの内容を自由に記述できるようになっていた。


というわけで、当ブログの説明書きも記述を追加したので、記録のため投稿しておきます。

もともとは「人は感情の生き物だ!!」というフレーズのポジティブ面をとらえ、感情にどのように訴えかければ人生が楽しくなるか、を研究する目的でブログを始めました。

いまは一歩進んで、「人生をハッピーにしてくれるヒト・モノ・コトバを広めたい!」という想いをこめて日常にあることがらを発信しています。
 

このブログについて - ヒト感!!